設立10年「ファザーリング・ジャパン」に聞く「今ドキ父親・母親育児の実態」

「父親が育児に積極的にかかわる大切さを広めたい」という考えから活動をスタートしたNPO法人「ファザーリング・ジャパン」。
メディアやイベントなどを通じて男性の育児を支援し続け、2016年に発足10年を迎えました。

「イクメン」という言葉が世の中に浸透し、育児休業を取得する父親も珍しくなくなった今、父親の育児参加は10年前と比べてどんな変化があったのでしょうか? 
実態や現在の課題、これからめざすものについて、ファザーリング・ジャパンの篠田厚志さん、徳倉康之さんにうかがいました。
  1. 「父親の育児」がポジティブにとらえられるようになった
  2. 「パートナーシップ」が夫婦のあり方のカギ

「父親の育児」がポジティブにとらえられるようになった

2006年東京で発足したファザーリング・ジャパンは、父親の育児参加について世の中の意識を反映するかのように、今では東北から九州まで、全国に支部ができるほど大きくなっています。これにはどのような背景があるのでしょうか?

2009年、男性の育休取得は本当に大変だった…

徳倉さんは2009年、「パートナーである妻が仕事に集中できるように」と、当時では珍しい育児休業(育休)を取得しました。
しかし、会社でも初めての男性の育休取得には、さまざまな苦労があったそうです。

「『イクメン』というのは2010年の流行語で、僕が育休を取ったのはその前年。会社からは『かい性がない』『キャリアをあきらめた』と言われたり、人事評価を下げられたり…もう散々でした」と徳倉さん。

「この10年でガラリと変わったのは、男性が育休を取りたいと言っても『あいつは何を言ってるんだ』と否定しづらくなったこと。平日、子どもと一緒に街にいても、『イクメンだね』とポジティブなワードに変わっています。以前は『仕事ないんじゃないか』と後ろ指を指されましたから」。

時代は「イクメン」から「イクボス」へ!

厚生労働省が実施した2015年雇用均等基本調査によると、男性の育休取得者は2.65%(※13年10月1日から14年9月30日までの1年間に配偶者が出産した男性を調査)。前年よりも0.35ポイントアップ、10年前の1996年の0.12%からは2.53ポイントアップしています。

「イクメン」という言葉が浸透し、約3割の男性が「育休を取得したい」と希望するようになったけれども(厚生労働省の調査より)、実際に取得しているのは3%を満たしていません。

そこで、ファザーリング・ジャパンが取り組んでいるのが「イクボスプロジェクト」
“子育て”というと、どうしても子育て世代にフォーカスされがちですが、実際はその上、上司の理解が不可欠だと篠田さんは言います。「企業のリーダーが当事者意識を持ち、子育てをポジティブにとらえなければ、なにも変わらないんです」。

「パートナーシップ」が夫婦のあり方のカギ

育児にかかわる父親は増えているいっぽう、母親側に変化はあったのでしょうか? 
編集部には、読者ママから

「産後のイライラのいちばんの原因がパパ」
「イクメンぶっているが、いちばん大変な部分にはかかわらない」

という厳しい声が寄せられることも。
この現状についてお二人は、「圧倒的にコミュニケーション不足が原因」と言います。

母親は「父親が手伝ってくれた」と言うのはやめよう!

「母親側にも『家事や育児は母親がやる』という刷り込みがあるんです。母親は『夫が手伝ってくれる』と言いがちですが、『手伝う』という言葉はやめたほうがいい。
育児は二人で一緒にすべきもの。
男性は、出産と授乳以外はすべてできるんですから」とお二人。

「母親は、父親が『いつか変わってくれる』『察してくれる』と思っているところがある。でも、本当に男性は察することが苦手。
母親は、イライラが積み重なったときに爆発するのではなく、ちょっと『違う』と思ったらすぐに言うか、手紙やメールなどで文字にして伝えたらいいですね」。

今後どんな家族になりたいか、もっと話し合って

このような現状の課題を見据え、ファザーリング・ジャパンは今後、どのような取り組みをしていくのでしょうか? 

「そもそも男性は、育児をする教育を受けていません。
だから学生や、早ければ小学生ぐらいから、子育ても含めライフスタイルについて考えよう、と伝えていきたいですね。
もう1つは、夫婦のパートナーシップについて。
結婚した時点で、子どもが生まれたらどんなふうに家事・育児をシェアするか、将来的にどんな家族でいたいか話し合うべき。夫婦の絆をどう強くしていくか、それが今後のカギだと思います」(篠田さん)。


「イクメン」という言葉は死語にすべき、というお二人。
「『イクママ』という言葉はないでしょう? 子育ては、親だったらみんなやるものです」。子育てをめぐる世の中の動きは、今まさに過渡期。未来を見据えたファザーリング・ジャパンの活動に今後も注目です。(取材・文/ひよこクラブ編集部)

■NPO法人ファザーリング・ジャパン
http://fathering.jp/
「Fathering(父親であることを楽しもう)」の理解・浸透を目的として2006年に設立。父親が育児にかかわれるよう、講演やセミナー、イベント開催など、さまざまな取り組みをしています。

記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ウィメンズパークトップ

コメント

小さい頃から育児は夫婦でするものという感覚が身に付いていくといいですね。
主人は、育児に関しては母親主導で父親は言われたら手伝うよっていう感覚なんだと思います。
もうちょっと積極的に参加してほしいんですけどね。

会社勤めもされ?このような活動もされる男性のお子さんは、その間誰がみているのでしょう。
こちらのHPもさらっとですが見ました。
あるフォーラムの対象は
子育て×仕事に関心のある方。
男性限定とはない。
女性も良いのかな。
でも、開催時刻は夜、しかも託児なし。
子連れokとは書いてない。
子連れ女性はダメ?その前に子ども寝る時間だ。
モヤモヤ。
こんなコメントダメ?

私の上司はまさにイクボスですが、仕事との両立がかなり大変そうです。時間に追われていて常に自腹でタクシーです。

育児は夫婦でするものという感覚が、年配の方にも受け入れられていくと、社会全体の感覚が変わっていくのかなと思います。育休をとっても、時短勤務も、制度があるのにそのまま素直に利用できない圧力を感じることもあるので、そういった点も改善されていくといいなと思います。

人前ではイクメンぶって、母親の育児の仕方に意見を言うように…。実際はイクメンでもないし、続かずにまた元の旦那に戻ってます。なので、確かにイクメンはポジティブな株あげのワードになってるのかもしれません。イクメンかどうかは、もう人格ですね、きっと。

コメントを投稿すると
毎週抽選で5名様に100Pプレゼント!

※ウィメンズパークにログインした状態でコメントを投稿したかたを対象とします。

【この記事にコメントする】

※事前にコメント内容を確認させていただくため、掲載までに時間がかかります。とくに、夜間・土日祝については、翌営業日での対応とさせていただきますのでご了承願います。

※ハンドル名は表示されません。

関連するキーワード

一覧

こちらの記事もおすすめです

ランキング

    一覧を見る