森永乳業

ヨーグルトなんでもQ&A第19回ママ6000人以上に聞きました!ヨーグルトいろいろランキング2

みんないつ、どんなふうにヨーグルトを食べているの? 試してみたいレシピは? など、ウイメンズパークの会員ママの声からわかった、みんなのヨーグルトライフをランキング形式でご紹介します。

Q1:ヨーグルトはいつ食べますか?(投票期間:2017年3月22日~2017年4月5日 回答者:6,208名)

  • 1位
    朝食時
    3,687人
    2位
    おやつに
    1,599人
    3位
    決まって
いない
    1,110人
  • 1日のうち、どの時間帯に食べてもOK
    「食後」ならよりグッド
    家族の健康を意識して、毎日食べる人が多いヨーグルト。食べるタイミングはというと、「手軽に食べられる」からと、忙しい朝食時を選ぶ方が圧倒的多数でした。そのためか、ヨーグルトは朝食べるのがいいと思われがちですが、実はどの時間帯に食べてもOK。
    ただし、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌や乳酸菌は酸や酸素に弱く、一般的に胃酸で死んでしまうものも少なくありません。そのため、生きた菌をより多く腸に届けるなら、胃酸の影響が少なくなる食後に食べるほうがいいと考えられます。
    また、腸まで届いたビフィズス菌や乳酸菌は、ずっと腸内にとどまるわけではないため、健康のためには、毎日継続的に摂取することが大切です。

Q2:プレーンヨーグルト、あなたの家ではどう食べてる?(投票期間:2017年4月26日~2017年5月10日 回答者:6,447名)

  • 1位
    家族の腸内環境をととのえるために/2,594人
    アボカドヨーグルトのマフィンサンド写真
    2位
    家族の腸内環境をととのえるために/2,594人
    アボカドヨーグルトのマフィンサンド写真
    3位
    家族の腸内環境をととのえるために/2,594人
    アボカドヨーグルトのマフィンサンド写真
  • 果物やグラノーラにかけるのが定番
    料理やスイーツ、ドリンクなどアレンジも楽しい
    朝食に食べる方が多いこともあって、果物やグラノーラにかける方や、シンプルにそのまま味わう方が多い結果に。一方で、ケーキの材料や料理の隠し味に使う、ドリンクやドレッシングに加えるなど、プレーンヨーグルトならではの幅広いアレンジを楽しむ方も少なくないよう。 酸味が少なく、まろやかなビヒダスプレーンヨーグルトは、そんなアレンジレシピにぴったり。毎日積極的に取り入れて、ヨーグルトライフを楽しく続けられますね。

Q3:お子さんはいつごろからヨーグルトを食べていますか?(投票期間:2016年5月25日~2016年6月8日 回答者:7,270名)

  • 1位
    5,6カ月
(離乳食ゴックン
のころ)
    2,079人
    2位
    8カ月
(離乳食モグモグ
のころ)
    2,060人
    3位
    1才〜1才6カ月
(離乳食パクパク
のころ)
    1,060人
  • 便秘解消や健康を意識しているママ多数
    離乳食アレンジにも活躍
    生後5・6カ月から食べることができるヨーグルト(※1)。なめらかな食感で、小さな子どもが飲み込みやすいことから、多くのママが離乳食期から取り入れています。「パサつく魚や野菜など、子どもが苦手な食材も食べやすくなる」という声も。 また、幼児期に排便習慣をつけることはとても大切。おいしいヨーグルトを継続して食べることで腸内環境が整い、お通じがスムーズになるのは、ママにとっても子どもにとってもうれしいことですね。
    ※1 食物アレルギーの心配があるため、最初は少量ずつ、様子を見ながら与えましょう。また、無糖タイプを選び、新しいものを早めに使いましょう。

Q4:「ヨーグルトワンスプーンレシピソース編」試してみたいのはどれ?(投票期間:2017年2月8日~2017年2月22日 回答者:6,578名)

  • 1位
    ハニーヨーグルト
ソース
    2,597人
    2位
    ヨーグルト
みそだれ
    733人
    3位
    イタリアン
ヨーグルト
ドレッシング
    731人
  • あれもこれも試したい♪
    いつもの料理が新鮮になる、簡単ソースがズラリ
    ビヒダスヨーグルトには、カレースプーン1杯分(30g)で、ヨーグルト100gを食べたときと同じ整腸作用があることが確認されています。 そこでおすすめなのが、ビヒダスヨーグルトをワンスプーン加えるだけで作れる簡単ソース。上記3つのほかにも、カレーソースやおかかしょうゆヨーグルト、キムチヨーグルトだれなど、和・洋・中いろいろなアレンジがズラリ。肉や野菜、デザートなど、さまざまなシーンで食卓を彩ってくれます。添えるだけで、いつもの料理がおもてなし風にランクアップするのも、ママたちから人気の理由のようです。

毎日食べたい! 生きて腸まで届くビフィズス菌BB536配合 ビヒダスヨーグルトシリーズ

生きて腸まで届き腸内環境を良好にする善玉菌の代表格、ビフィズス菌BB536配合。家族の健康をおなかからサポートしてくれます。

  • すっぱくなくて、菌も活きいき 家族を思えばビヒダス ビヒダスブランドサイトはこちら