商品情報 自分でできたよ!「まぜまぜ当番」第3回:パパと一緒に♪ 「カルピス」のパンケーキを作ろう!

毎日忙しいママ。なかなか、子どものお手伝いのための時間や気持ちの余裕が持てませんよね。そんなときは思いきって、パパがお休みの日にお手伝いをお任せしてみては? 混ぜるだけでおいしく作れて、パンケーキやフレンチトーストなどへのアレンジも簡単な「カルピス」なら、パパと子どもだけでも安心して楽しく作れそう。また、「カルピス」ならではのほんのり爽やかな甘ずっぱさは、夏のブランチにもぴったり。
ママの喜ぶ顔を想像しながら作ることは、子どもの自主性や意欲がはぐくまれることにもつながります。

まねしたい!子どもの自主性や責任感が芽生える言葉がけ

「ママもきっと喜ぶよ」「○○くんとパパが力を合わせて作ったからおいしいね!」など、自分のしたことがだれかの役に立つ「お役立ち感」を感じられる言葉がけは、子どもの「またお手伝いしよう」という意欲や自主性につながります。
また、「○○くんが混ぜてくれたら、パパが焼くね」など、自分が行動しないと次の作業が進まないことを伝える言葉がけは、責任感が芽生えるきっかけに。

パパと一緒に!「カルピス」のパンケーキ作りに挑戦!

  • 1.「カルピス」を量ろう! そ~っとね

    計量カップで「カルピス」30mlを量ります。そのほかの材料(ホットケーキミックス150g、卵1個、牛乳70ml)は大人が量って。
    ※分量は目安。「カルピス」の量はお好みで調整してください

  • 2.材料をよ~くまぜまぜ! おいしくな~れ!

    大人がボウルにすべての材料を入れたあと、子どもに泡立て器で混ぜてもらいましょう。ボウルの下にぬらしたふきんを置くと、ボウルがすべりにくくなり、作業しやすくなりますよ。

  • 3.パパが焼いて出来上がり! 焼けたらもっていくよ!

    小学生までは、焼くのは大人が担当。子どもがやけどしないように注意して。

  • ほんのり爽やかな甘ずっぱさ♪「カルピス」のパンケーキの出来上がり! パパと作ったよ♪ ありがとう!

カルピスチャレンジ!パパと作りたいカフェ風メニュー

もっと年齢が上のお子さまは「カルピス」のフレンチトーストやプリンに挑戦してみて! 「カルピス」のほんのり爽やかな甘ずっぱさで、定番スイーツが夏のカフェ風メニューに変身しそうです♪

  • 「カルピス」のフレンチトースト
    「カルピス」のフレンチトースト
    1. 輪切りにしたバゲットを、「カルピス」と牛乳を1:3で混ぜ合わせた液に浸す。
    2. ①を溶き卵にくぐらせる。大人がフライパンを中火で熱し、バターを溶かしたら、両面に焼き色がつくまで焼く。
    3. ②を皿に盛り、粉糖をふってミントを飾る。
  • 「カルピス」南国マンゴーのプリン
    「カルピス」南国マンゴーのプリン
    1. 粉ゼラチン(小さじ1)を水(大さじ1)でふやかす。
    2. 「カルピス」南国マンゴー(45ml)と牛乳(75ml)を混ぜ合わせる。
    3. ①を耐熱容器に入れて電子レンジにかけて溶かし(500Wで約20秒)、②に加え混ぜ合わせる。
    4. ③を容器に流し入れて冷蔵庫で冷やし固める。ソースとして「カルピス」南国マンゴーをかけ、ミントを飾る。

もっとレシピを知りたい人はこちら

※調理で電子レンジを使う場合は、電子レンジが500W以外のワット数の場合、加熱時間はメーカーにお問い合わせください。また、電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても沸騰しない場合がごくまれにあります。この状態の液体がちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。