2017/11/3(金)
ママtomoパパtomoカレッジ@たまひよファミリーパーク
「赤ちゃんを迎える準備講座」

去る2017年11月3日に横浜市のみなとみらいで開催された「たまひよ ファミリーパーク」内でママtomoパパtomoカレッジの特別出張講座を開催いたしました。今回は、妊婦とそのパートナーを対象に「”夫婦”から”家族”になる」をテーマに、「食育」「脳育」「親育」の3講座を開講。当日は、141組(食育45組、脳育52組、親育44組)のご夫婦に参加いただき、講師のアカデミックかつ実践的な講座を聞き、実りの多い1日となりました。

2017年11月3日タイムテーブル

食育講座は、妊娠中から子育て中の食事で気を付けることや、これから待ち受ける赤ちゃんのいる生活について、會退先生ご自身の体験談も交えた楽しい講義でした。

脳育講座は赤ちゃんの睡眠のメカニズムや睡眠の重要性について、脳科学からアプローチ。鈴木先生のお話が楽しくわかりやすかった!と大好評でした。

親育講座前半は、子どもを取り巻く環境や教育の未来予想について、渡邊さんからレクチャー。これからの社会に必要な学びについて、考えを深めました。

親育講座後半は、子どもの発達発育に沿った親としての接し方や、パパの子育て参加の重要性ついて、菅原先生からお話しいただきました。

3講座とも軽食付き! おいしいお菓子とノンカフェインのハーブティーで、リラックスしてご受講いただきました。

3講座とも満員御礼! 約280名、たくさんのマタニティカップルにご参加いただきました。

食事の内容だけでなく、子供がどのように感じるかなど、子供からの視点も交えてお話しされていて、とても興味深く面白かったです。(@食育講座参加者)

食と成長について実体験から語られて、とても分かりやすく興味深かった。食育の大切さを学ぶことができてよかった。 (@食育講座参加者)

睡眠は大事という印象はもともとあったが、本当に大事であることが分かった。先生の話も楽しかった。産む前に学べてよかった。(A脳育講座参加者)

鈴木先生の講義は、とても面白く興味深く、時間がたつのもあっという間でした。ひとつひとつのメカニズムも具体的に説明があり、理論的に理解ができました。(A脳育講座参加者)

初めての妊娠なので、育児について何から学べばよいかわからず、漠然と不安を感じていましたが、今回の講座で教育・両親の子との接し方について、全体像をつかむことができ、自分でももっと情報収集を行おうと意欲がわきました(B親育講座参加者)

自分の子供が成人する未来までは考えたことがなかったので、考え直す良い機会をいただいた。(B親育講座参加者)

参加者アンケート結果より(N=366人)

2017/9/24(日)
ママtomoパパtomoカレッジ2017年秋@実践女子大学
「共働き家族の未来を創る」

去る2017年9月24日に渋谷区の実践女子大学でママtomoパパtomoカレッジ2017秋を開催いたしました。当日は427名(午前の部は157人のママパパ+73人の赤ちゃん、午後の部は137人のママパパ+60人の赤ちゃん)にご参加いただきました!今回のテーマは「共働き家族の未来を創る」。育休復帰後のご家族向けの午前の部では、先生方の講義や先輩ママのトークセッション、食育講座やパパの育児塾などから、両立生活のヒントを学びました。また、午後の部は家族社会学の講義にはじまり、先輩ママパパの保活体験談や教育など学びの多い1日となりました。

2017年9月24日タイムテーブル(午前) 2017年9月24日タイムテーブル(午後)

午前の広井先生のオープニング講義。家族社会学の視点で共働き家庭のモヤモヤ解消!を目指します。ひさしぶりの教室でアカデミックな講義スタートです。

午後は、石井先生の「ポジティブ社会学」。先生のご家族や海外エピソード満載のエネルギッシュな講義、近くのママパパとのワークなど盛りだくさん。

パパとママと一緒に受講。お子さんたちも真剣です。

実践女子大学の学生さんたちが「おたすけ隊」としてカレッジの運営に協力してくれました。優しい学生さんのサポートでみんなごきげんに!

【先輩ママトーク】他の人のタイムスケジュール、家事の割り振り方は参考になりました。自分の毎日の家事や日課を夫に明らかにしたことがないので、今日いただいた資料を見せて「みんな頑張っているんだよ」と共有したいと思います。

【和食ごはん】もともと、和食中心の食事を心がけていますが、献立に自信がありませんでした、講座を受け、頑張りすぎていたところもあったので楽しみながら食育を考えていきたい、実践していきたいと思いました。

【ポジティブ社会学】夫が育休取得に前向きになってくれました。

【これからの教育】今後の日本の教育がどう変わっていくのかよくわかりました。子どものために親が何をするべきか、その時その時で情報を正しくキャッチして判断していこうと思います。

【全般】久しぶりの大学での講義形式で、日々の悩みや思っていることに関連したセミナーを受講できる事、また同じ環境のママ達に囲まれ(意識の高いパパたちも含めて)こうした雰囲気を味わえるというのは本当に貴重な機会で刺激になります。

【全般】前回講座を知ってから連続で参加しています。興味深いテーマ、そしてパパを育児参加させる貴重な機会でもあり、迷いや不安の多い育児を振り返り、様々な先生のお話から明日のヒントをもらい、また育児頑張ろうという気持ちにさせてもらえます。

参加者アンケート結果より(午前:N=97人、午後:N=79人)

2017/3/4(土)
ママtomoパパtomoカレッジ 育休復帰完璧1DAY講座

去る3/4(土)、立教大学にて「ママtomoパパtomoカレッジ 育休復帰完璧1DAY講座」を開講いたしました。3回目を迎える今回も〆切前に満席となり、当日は300名を超えるママとその家族(ママ160人、パパ60人、赤ちゃん100人)が参加。
ママたちは仕事復帰に向けて、立教大学の講師陣による「哲学者の家族論」や「セルフブランディング」といった「育児脳」を「ビジネス脳」に切り替えるアカデミックな講座を、パパたちは「パパならではの遊びかた」「赤ちゃんの生活リズムと寝かしつけ」等の講座を受講し、盛りだくさんの1日となりました。

2017年3月4日タイムテーブル

第3弾のカレッジも大盛況。募集開始からあっという間に満席となり、当日は300名を超えるママとその家族が立教大学に集まりました!

最初の講義はテツガク観点の「家族論」。難しく聞こえる「哲学」ですが、人気ドラマや大熊先生ご自身のインドでの子育て体験をもとに学びます。

白土先生の「じぶんを知る、じぶんを伝える、セルフブランディングのススメ」は昨年に続き、大好評!復帰後、自分どうブランディングしていくか?講義とワークを通じトレーニング!

いよいよ!大人気講座、先輩ママのトークセッションスタートです。先輩ママたちが、復帰後のタイムスケジュールや時短ノウハウ、本音を公開!質問も止まらず、今回も白熱した時間となりました!

一方、パパたちは、毎回、大好評のパパと子ども講座。

パパが赤ちゃんと仲良く過ごすノウハウとは?パパならではの子どもとの遊び方を大阪教育大学教育学部准教授の小崎先生からレクチャーいただき、実践しながら学びます。

小児科医の菅谷先生の講義。ママ復帰後は、パパが子どもを連れて通院する機会が増えるかも!感染症や予防接種など、いざというとき備えて学びます。

大学で講義をうけるというのが、とても新鮮でリフレッシュできました。いろんな方のお話が聞けて、同じ境遇のママさんともふれあえて本当に充実した1日でした!

アスレチックな遊び方を教わることができてよかった。大満足です。今後もご教授願いたいです。

先輩ママたちのお話、本当に参考になりました。実際に走り始めないとわからないので不安でいっぱいでしたが、とにかくやってみよう!と思えるようになりました。

予防接種には、妻にお願いしてばかりだったので、夫婦で話をするキッカケにしたい。

おたすけ隊の方が子供をあやしてくれたり、抱っこしてくれたりしてとても受講しやすかったです。

周りのお父さんも同じ思いで育児しているのが分かり、励みになりました。

参加者アンケート結果より(N=115人)

2016/9/3(土)
ママtomoパパtomoカレッジ 2016年秋 1DAY講座

去る9/3(土)、立教大学にて「ママtomoパパtomoカレッジ2016年秋1DAY講座」を開講いたしました。カレッジ第2弾の今回は、400名を超えるママとその家族(ママ210人、パパ130人と赤ちゃん90人)が参加し、ママたちは「フォロワーシップ論」や「リスクマネジメント」といった立教大学の講師陣のカデミックな講座を、パパたちはお子さんと一緒に実践的な「パパと子ども講座」に参加。
3月のカレッジで大好評だった「先輩ママのトークセッション」は、「両立・キャリア形成」と「保活・園選び」の2テーマに拡大。参加者全体の満足度は95%で、学びたいママとその家族から「有意義な1日を過ごすことができた!」と好評をいただきました。
また、今回からは要望を受け「抱っこ受講」制度もスタート。赤ちゃんを抱っこしながら講義を受けるママたちの姿が印象的な1日となりました。

タイムテーブル

第2弾のカレッジも大盛況。400名を超えるママとその家族が立教大学に集まりました。

梅本先生の講義。

お子さんを抱っこして講義を聞くママも。

パパたちは、「パパと子ども講座」を受講。パパならではの子どもとの遊び方を実践しながら学びます。

前回に続き、大好評の読み聞かせ。来島先生からノウハウを学びます。

午後は、先輩ママパパによるトークセッション。今回からスタートした「保活」テーマは白熱した議論が続き、質問もたくさん。

「両立・キャリア形成」テーマの先輩ママパパによるトークセッション。育児をしながら大学院への進学、独立、管理職への挑戦など、参考になる話をたくさん聞くことができました。

真剣に講義を聞くママたち。

フォロワーシップ論はビジネスでも家庭でも使える理論と思い非常に興味深かったです。リーダーとフォロワーの関係性が変わってきているとのこと、会社の状況にも置き換え、育休中の自分に少しビジネスについて考える有意義な時間になりました。

子どもと遊ぶ、楽しませる方法を具体的に学べた。子どもと触れ合う方法に疑問を持っていたが自信が持てた。他のパパと話せる機会もあり、実演を交えた本の紹介が良かった。

仕事復帰前にワークシートを作成し、頭の中を整理することができてとても良かったです。リスクを洗い出すことで、復帰の際の不安が減り、リスク分析、評価することで積極的な復帰の準備ができました。

今までは妻の話を上の空で聞いていたが自分のこととして認識できた。保活の実態がわかり大変参考になった。

先輩ママ・パパのお話が一番聞きたかったので、とてもためになり、楽しく聞かせていただきました。みなさん同じように悩んでいたり、キツいなと思いながらも対応していたりと、ヒントになることも多く、なんだかとても心が軽くなりました。

これから子どもが受ける教育は、私が受けてきたものとは大きく変わると思った。子どもに色々な経験させたいと思った。

参加者アンケート結果より(N=102人)