これでもう失敗しない!最新ビデオカメラで撮影上手ママになろう

家族が増えると思い出も増えます。けれども、思い出づくりはなかなかうまくいかないことも。私もパパも撮影が得意ではないので、あとはビデオカメラの機能頼み。私たちでもキレイに撮れるおすすめのビデオカメラをぜひ教えてください!!

ママ友トークの部屋 ビデオカメラの撮影の泣き笑い秘話

家事と育児で忙しい毎日を過ごしているママの癒やしの時間がママ友とのティータイム。A子ママが入園を控えて、ビデオカメラの購入を検討中。ママたちお気に入りのビデオカメラってなんだろう?

C恵ママ:私もパパも機械オンチ。撮影中に子どもにズームするとよくフレームアウトしちゃうのよね〜。全部解決してくれるビデオカメラがあればいいね♪A子ママ:娘がこの春入園でしょう?大勢の中から自分の子どもだけを探せなさそうB美ママ:動いてる子どもを追っかけると手ブレもしちゃうわよね

最新ビデオカメラが解決 その1“あとから追っかけ”機能

A子ママたちが悩んでいた、「大勢の中から自分の子どもだけを探せなさそう」などの心配を吹き飛ばす機能が最新ビデオカメラにはあるんです! どんな機能か早速紹介します★

ビデオカメラ撮影によくある失敗。わが子にズームしようとするとフレームアウト、わが子を見失う、ぼやけている、etc.…。 せっかくの家族の思い出が残念な状態になってしまうと、のちのち見返すこともなくなってしまいますよね。とはいえ、初心者のママやデジタル機器が苦手なパパにはプレッシャーだし、ハードルが高い作業なことも事実。

顔が見えない…半分写っていない…中心が別の子…
最新ビデオカメラなら… たくさんの子どもがいても カンタンな操作で わが子を主役にできる

“あとから追っかけ”機能でズームアップできる♪

“あとから追っかけ”機能とは、とりあえず本来撮る画角よりも広角撮影しておけば、撮影後にカンタンな操作でわが子をズームアップした映像に早変わり★ ヒミツは、顔認識機能。認識した子どもの顔を自動で追いかけてくれるので、子どもが動いてもフレームアウトの心配がありません。これならビデオカメラをのぞきながらわが子を追っかけ続けなくてよいから助かるね♪

なんと、友だち主役の映像だってダビングしてプレゼントできちゃう♪
あとからのお楽しみが増えるね!“あとから追っかけ”機能をもっと知る

最新ビデオカメラが解決!!その2“あとから手ブレ補正”機能

聞いただけでも、うれしくなってしまう“あとから手ブレ補正”機能。この機能があれば鬼に金棒。手ブレの心配を気にすることなく撮影できます。それができるのが最新ビデオカメラのパナソニック「HC-WX990M」です♪ 早速試したくなるね。

4K&広角撮影 あとから手ブレを補正して編集

手ブレしてしまった!という映像は、ブレずに安定するよう補正をかけて映像を編集します。その映像はフルハイビジョンでキレイに残せます。

手ブレしてしまっても…子どもを中心に編集すればブレを抑えた映像が残せる!
手ブレの心配ご無用“あとから手ブレ補正”機能をもっと知る

最新ビデオカメラが解決!!その3“あとからズーム”機能

“あとからズーム”機能は文字通り撮影後、気に入ったシーンをズームイン・ズームアウトすることができます。これなら映像のメリハリができるし、撮影の幅も広がりますね。

ズームイン/ズームアウト 4K&広角撮影 あとから編集してズームの演出効果

子どものとびっきりの笑顔や真剣な表情などをもっと大きく見せたくなったら、あとからズームで編集が可能です。画面中央以外の場所でも、自然なズーム映像が作れます。

楽しさ広がるビデオカメラ撮影 こんなサポート機能もあります

パナソニックの「HC-WX990M」には、ほかにも魅力的な機能が豊富にそろっています。“あとから機能”を活用して、家族の思い出をもっとキレイに長く残してみませんか。

約800万画素だから2L判にもプリントできる!

あとからフォト

とっておきのシーンは、写真にプリントして取っておきましょう。「HC-WX990M」は4Kで撮影しておけば、一瞬を切り出しても美しい写真として残せます。おすすめシーンをビデオカメラが自動で提案してくれる機能もあります。

パナソニックの「HC-WX990M」の魅力とは

“あとから追っかけ”“あとから手ブレ補正”機能などでママたちの悩みを解決してくれる、パナソニックの最新ビデオカメラ「HC-WX990M」。まだ紹介しきれていない魅力をここでたっぷりお知らせします。

4Kで目で見たままを記録 サブカメラで撮影の幅が広がる

魅力 good!4K映像撮影ができる

4K映像とは、一般的なビデオカメラ(フルハイビジョン)の撮影解像度である1920×1080画素より、4倍もきめこまかい3840×2160画素の映像のことです。高画質な映像は、10年20年後もキレイに長く残しておきたい家族の思い出などにぴったりです。4K対応のテレビがなくても、簡単にフルハイビジョンに変換できるから、安心です。

4K 3840×2160画素 フルハイビジョン 1920×1080画素拡大してみると粗さが気になる精細感あるディテールの美しさが特長

魅力 good!ワイプ撮りができる

「HC-XW990M」には、サブカメラがあるので、子どもを見ているママの表情や撮影中のパパの表情を被写体(子ども)のフレームの中に一緒に収めることができます。

サブカメラは上下方向に±20度、水平方向に270度回転できます。
撮り方が広がると思い出も広がる♪4K映像&ワイプ撮りについてもっと知る
パナソニック「HC-WX990M」

サイズ:W65×H73×D161mm(同梱バッテリーパック装着時)
重量:約445g(同梱バッテリー使用時)
有効画素数:829万画素(4K)(16:9)/610万画素(FHD)(16:9)
記録メディア:64GB内蔵メモリー/SDカード(別売り)

子育てファミリーにぴったりのビデオカメラはこれ!パナソニック「HC-WX990M」をもっと詳しく見る