トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > Web家庭の医学「腟・外陰の病気」 > トリコモナス腟炎(腟トリコモナス症)

Web家庭の医学

「腟・外陰の病気」へ戻る

トリコモナス腟炎(腟トリコモナス症)

トリコモナス原虫の感染により起こるもので、腟の感染症のうちでも頻度の高いものです。女性の50%は一度は感染するといわれます。
症状
症状は、黄緑色か薄い膿性のおりものが増え、しばしば腟や大小陰唇のかゆみや痛みを伴います。また、腟の粘膜や子宮頚部が赤く腫れ、性交痛や軽度の出血がみられることもあります。もし、この感染が尿道にまで広がると尿道炎や膀胱炎を起こすこともあります。感染が卵管にまで及ぶと不妊症の原因にもなります。
トリコモナス原虫の感染は、主として性行為によって起こりますが、ぬれたタオルや湿った布、トイレのシートなどからも感染することがあります。成熟女性では頻度の高い疾患で難治性のものもみられます。それはトリコモナス原虫がセックスパートナーの尿路、性器にも侵入し、これが再感染・再発の原因となるからです。女性に感染すると症状がありますが男性は一般に無症状です。
診断と治療
おりものをスライドガラスの上にとり、それを顕微鏡(400倍)で見て動き回っているトリコモナス原虫を見つけることで容易に診断できます。
治療は、普通、抗トリコモナス薬を7~10日間服用します。さらに治療の効果をあげるために10~14日間あわせて腟内に腟錠を挿入します。
妊婦がトリコモナス原虫に感染しても、胎児に影響があったり・出産のとき新生児にうつることはありません。妊婦の場合は腟錠の挿入のみで行われることもあります。
治療に際しては性行為で感染するので、セックスパートナーも経口薬を服用することが再発の予防上大切です。性行為での感染を心配される場合はコンドームを使用することもよいでしょう。また家族への感染予防のためには、下着などの洗濯を別にすることも必要です。
「Web家庭の医学」は株式会社保健同人社のコンテンツです。Copyright (C) 2016 保健同人社 All Rights Reserved.

体験談トリコモナス腟炎(腟トリコモナス症)に関するみんなの病気・けが体験談

投稿日時:2014年04月23日 01:58
急に39度の発熱でオリモノからアルコール臭 会員
投稿日時:2013年06月22日 12:30
無症状なので厄介です! 会員
もっと見る 全2

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。