トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > Web家庭の医学「よくみられる子どもの目の病気」 > アレルギー性結膜炎

Web家庭の医学

「よくみられる子どもの目の病気」へ戻る

アレルギー性結膜炎

アレルギー性鼻炎、小児ぜんそくなどと同じアトピー性の病気で、最近増えてきました。10歳前後の男の子に多い病気です。
目は充血し、かゆみがあり、目やにが出ます(表17-1)。
1年じゅう症状がみられるものは、家の中のほこり、ダニ、動物の毛などが原因のときです。最近の家屋は冷暖房の効果をよくするために密閉性の高いアルミサッシ窓を使用し、そのうえ、床にじゅうたんを敷いたり、犬や猫を室内で飼うなど、わざわざアレルギー性疾患をつくっているようなものです。家庭内の環境の改善が必要です。
花粉によるものは年長児に多く、スギやヒノキの花粉が飛ぶ2~5月ごろみられます。花粉情報を参考にして予防に努めてください。
予防薬がありますので、初めての場合は一度眼科医に相談してください。
表17-1
「Web家庭の医学」は株式会社保健同人社のコンテンツです。Copyright (C) 2016 保健同人社 All Rights Reserved.

体験談アレルギー性結膜炎に関するみんなの病気・けが体験談

投稿日時:2018年06月21日 08:45
目が真っ赤 会員
投稿日時:2018年05月12日 20:02
風邪から結膜炎になりました 会員
投稿日時:2018年04月04日 09:03
目が赤くなって 会員
もっと見る 全66

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。