トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > Web家庭の医学「よくみられる子どもの鼻とのどの病気」 > ヘルペス性歯肉口内炎

Web家庭の医学

「よくみられる子どもの鼻とのどの病気」へ戻る

ヘルペス性歯肉口内炎

単純ヘルペスウイルス(1型)で起こる乳幼児の病気です。はじめ原因不明の熱がつづきます。2~3日後に口のまわりにヘルペスができます。同時に歯肉が腫れて出血しやすくなります。子どもは非常にふきげんになりますが、10日~2週間でよくなります。水ぼうそう(水痘)と同じ抗ウイルス薬がよく効きます。
「Web家庭の医学」は株式会社保健同人社のコンテンツです。Copyright (C) 2016 保健同人社 All Rights Reserved.

体験談ヘルペス性歯肉口内炎に関するみんなの病気・けが体験談

投稿日時:2015年09月17日 15:17
手足口病からのヘルペス性歯肉口内炎 会員
投稿日時:2014年07月14日 16:22
風邪の発熱??と思ったら、ヘルペス性歯肉口内炎による発熱でした。 会員
投稿日時:2014年03月06日 15:09
ヘルペス 会員
もっと見る 全6

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。