トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 健康カレンダー > なんだか不調だけど、これってプレ更年期?ママの疑問に答えます!(2)

健康カレンダー

毎日が忙しく健康に気が回らない方に役立つ簡単な健康維持の情報や、いつも健康に気を使っている方でも知らなかった健康のコツなど、生活の中で役立つ健康情報をご紹介します!

バックナンバー一覧

なんだか不調だけど、これってプレ更年期?
ママの疑問に答えます!(2)

ママの疑問 (1)
どんな症状があれば、婦人科を受診した方がいいですか?

答え
生理の量が多かったり、以前より生理痛がひどくなったときには受診を

女性ホルモンが減ってくると、生理の量も減少し、日数も短くなるのが一般的です。しかし生理の量が増えてきたり、経血にかたまりがまじるようになったり、痛みが強くなってきた場合には、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫などが隠れている場合があります。早めに婦人科を受診してください。
また、ほとんど症状がない病気として「卵巣がん」があります。経膣超音波エコーなどで検査をしないと発見できません。1年に1度は婦人科検診を受けて欲しいと思います。

ママの疑問 (2)
イライラや気分の落ち込みがひどいときは、心療内科と婦人科、どちらを受診すべき?

答え
まずは婦人科へ!必要があれば心療内科を紹介してもらう

イライラや気分の落ち込みがひどいときは、心療内科と婦人科、どちらを受診すべき?

まずは婦人科を受診して欲しいですね。プレ更年期以降のうつ症状は、実はエストロゲンの減少により引き起こされていることが多々あります。子宮筋腫による貧血の有無や、女性ホルモンの値などをチェックし、異常がなければ精神科や心療内科を紹介してもらいましょう。

ママの疑問 (3)
生理が3日で終わってしまい、周期も短くなってきたけど、大丈夫?

答え
早い人は30代で閉経してしまう場合も。放置せず早めに婦人科で相談を

生理が2~3日で終わってしまい、月に2度生理が来るようになったら、無排卵になっているサインで、そろそろ更年期に突入かもしれません。
日本人の平均的な閉経年齢は50歳前後とされていますが、早い人では30代で閉経してしまうケースもあります。しかしあまり若くして閉経してしまうと、骨粗鬆症や生活習慣病(メタボリックシンドロームや高脂血症、動脈硬化など)などの心配が出てきますし、子宮体がんのリスクも高まります。ご本人が希望する場合、薬で生理を起こすこともできますので、医師と相談して今後どのようにしていくか決めるといいですね。

ママの疑問 (4)
プラセンタ注射をよく打っています。プレ更年期対策として意味はありますか?

答え
プラセンタには肝臓を労る効果が。疲れたな…と感じたら打つといいかも

あまり知られていませんが、プラセンタには肝臓を労る効果があります。さらには、全身の血液循環を良くする作用があり、腰痛や肩こり、肌に透明感が出るなどの効果も期待できます。“疲れたな”と感じたら、注射を打つといいかもしれません。筋肉注射が苦手という人は点滴で投与することもできますので、クリニックで相談してみてください。

ママの疑問 (5)
プレ更年期や更年期の症状がまったくない人もいるってホント?

答え
好きなことに夢中だったり、ストレスが少ないと症状を感じない人も

更年期の症状の表れ方は千差万別で、毎日寝込むほどひどい人もいれば、ほとんど自覚なく過ぎていく人もいます。前のページでもお話ししましたが、本人の性格や体質、環境、ストレスなどが関係しているからです。
好きなことに夢中になっていたり、忙しくて自分のことを振り返る暇がなかったりすると、“更年期かしら…”と感じることは少ないのかもしれません。生活リズムを整え、適度に体を動かし、楽しいことを考えて過ごすことで女性ホルモンの分泌をよくすることが可能です。上手にプレ更年期とつきあっていきましょう。

プレ更年期や更年期の症状がまったくない人もいるってホント?

ママの疑問 (6)
漢方薬って本当に効くの?

答え
漢方薬には女性ホルモンを押し上げる効果が!

卵巣機能の低下によって下がった女性ホルモンを持ち上げるためには、ピル(EP配合剤)などで女性ホルモンを補充する方法の他に、漢方薬を用いるのも有効です。漢方薬には女性ホルモンを押し上げる効果があり、プレ更年期世代の女性の強い味方になってくれます。その人の体質にあった漢方を服用することで、早い場合には数日で効果を感じる人もいます。
プレ更年期や更年期には、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などがよく用いられます。本格的な更年期にはまだ早いけれど、なんとなく毎日体調が優れないという場合には漢方薬を試してみることをオススメします。
※医師が処方する漢方薬は健康保険が適用されます

ママの疑問 (7)
生理の時、以前は後ろモレしていたのに、最近は前モレするようになりました。なぜですか?

答え
経血の量が多くなっていたり、性器が痩せてきたのかも

プレ更年期になってくると、肌がたるんでくるように、性器(外陰部)も痩せてきます。すると膣の位置も変化するので、前に漏れるようになってくることが多くなります。
また子宮筋腫などがあると経血の量が多くなって、ナプキンの前のほうまで経血を吸収するケースが増えてきます。昼用のナプキンで1時間もたない、昼間でも夜用のナプキンが必要などの場合には、過多月経が疑われますので、早めに婦人科を受診してください。

バックナンバー一覧

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。