トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 健康カレンダー > 更年期ってなんだか怖い。どう向き合ったらいいの?医療的な対処法は?(1)

健康カレンダー

毎日が忙しく健康に気が回らない方に役立つ簡単な健康維持の情報や、いつも健康に気を使っている方でも知らなかった健康のコツなど、生活の中で役立つ健康情報をご紹介します!

バックナンバー一覧

更年期ってなんだか怖い。
どう向き合ったらいいの?医療的な対処法は?(1)

監修:岡野 浩哉 先生

岡野 浩哉 先生

おかの・ひろや 飯田橋レディースクリニック院長。医学博士。群馬大学医学部を卒業後、同医学部産婦人科大宮赤十字病院、前橋赤十字病院、群馬県立がんセンター、東京女子医科大学産婦人科、米国メイヨ・クリニック(研究員)などを経て、平成20年に飯田橋レディースクリニックを設立。日本産科婦人科学会専門医、日本女性医学学会幹事・評議員、日本骨粗鬆症学会評議員、日本産科婦人科学会/日本女性医学学会編「ホルモン補充療法ガイドライン2017年版」改訂小委員会・委員長。更年期医療および、更年期におけるホルモン補充療法についての専門家。

どの女性にとっても更年期を迎えるのは初めてのため、戸惑うことがたくさんあります。どのように始まるのか、ひどい症状に見舞われた場合はどのように対処したらいいのか、心のもちようはどうしたらいいのかなどについて、専門の先生に詳しく伺いました。

更年期って、いつ始まったとわかるの?

定期的にキッチリ来ていた生理が、次にいつ来るのか分からなくなったら更年期の始まり

一般的に更年期とは、閉経を挟んだ前後5年ずつ、トータル10年間と定義されていますが、いつ閉経するかは事前には予測できないので、いつ更年期に突入したのかは分からないという現実があります。
“更年期に入ったかも”というサインは、生理が不順になってくることでわかります。26日周期でも、24日周期でも、毎月レギュラーに生理がきていれば、まだ更年期とは言えません。生理がとびとびになり、次にいつ生理がくるか分からなくなったら、更年期に入ったと考えられます。
生理の終わる兆候が始まったら、更年期のスタートなのです。

更年期??

更年期の症状が出る人、その症状がひどい人ってどれくらいの割合なの?

データでは、症状が生活に大いに影響あると答えた人は12%、
やや影響があると答えた人は46%という結果に

更年期に起こる症状がすべて更年期障害ではありません。生活に支障をきたすレベルの症状を更年期障害と呼びます。
インターネットによる調査※で、「その症状、生活に支障はありますか?」と質問したところ、「大いに影響がある」12.4%、「やや影響がある」46.2%という結果でした。
つまり、12%の人は生活に支障をきたしている「更年期障害」と呼べるレベルの症状があるとわかります。「大いに影響がある」、「やや影響がある」を併せると、およそ6割の人が、程度の差はあれど何らかの症状に悩んでいるということがわかります。

※インターネットによるアンケート調査を40-60歳未満の女性4000人に対して実施。居住者は47都道府県に及ぶ。(日本産科婦人科学会雑誌 第65巻第5号別冊 「HRT普及に向けての工夫」岡野浩哉先生執筆より引用)

どんな症状が出るの?

「肩こりや腰痛、手足の痛み」、「疲れやすい」、「急に顔がほてる」が更年期症状のトップ3

前述の調査で「今感じている症状は?」という質問では、「肩こり・腰痛・手足の痛みがある」が57%でトップ、「疲れやすい」55%、「急に顔がほてる」51%と続きます。
そのほかには、「汗をかきやすい」「怒りやすい/イライラする」、「くよくよしたり憂うつになる」、「腰や手足が冷えやすい」、「息切れ・動悸がする」、「頭痛・めまい・吐き気がよくある」、「寝付きが悪い・眠りが浅い」「腟の乾燥感、外陰部の痛み、性交痛」などがあります。

肩こりや腰痛も更年期の症状なのね…

症状が強く出る人と、あまり出ない人の差は、遺伝とか生活環境が関係するの?

遺伝や現在の幸福度、生活環境などは症状の軽重とは関係ない

“母が更年期症状が酷いと娘も酷くなりがち”とか、“幸せに暮らしていると更年期症状はほとんど出ない”などの俗説をよく聞きますが、これらに根拠はまったくありません。幸せに暮らしている人でも症状の酷い人はいるし、現状に満足していない人でも症状がまったく出ない人もいます。
遺伝や生活環境などが影響するという科学的根拠はありません。

PMSと症状が似てることが多いけど、更年期と何が違うの?

PMSは排卵のあとに症状が出る。排卵があるということは、卵巣機能がとってもいい!ということ

PMS(月経前症候群)とは、排卵後から生理の前にかけて現れる不快な症状のこと。イライラや気分の落ち込み、疲れ、だるさ、むくみ、眠気、のぼせなど、たしかに更年期に生じる症状と似たもののたくさんあります。
しかしPMSと更年期症状の決定的な違いは、卵巣機能の状態です。排卵が起きているということは、卵巣機能がとても良いということで、卵巣機能が低下しておこる更年期症状とは根本的に違います。

次のページでは、症状を和らげるための医学的な対処法(ホルモン補充療法など)について詳しくご紹介します。

バックナンバー一覧

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。