トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 健康カレンダー > 夫はアスペルガー? 私はひょっとしてADHD?大人の発達障害、どう対処したらいいの? <対策編>

健康カレンダー

毎日が忙しく健康に気が回らない方に役立つ簡単な健康維持の情報や、いつも健康に気を使っている方でも知らなかった健康のコツなど、生活の中で役立つ健康情報をご紹介します!

バックナンバー一覧

夫はアスペルガー?私はひょっとしてADHD?
大人の発達障害、どう対処したらいいの?<対策編>(1)

監修:渡部芳徳 先生

渡部芳徳 先生

わたなべ・よしのり 医学博士・精神保健指定医・日本精神神経学会精神科専門医、東邦大学客員教授、東京有明医療大学客員教授。山梨医科大学医学部(現山梨大学医学部)卒業。福島県立医科大学附属病院神経精神科に入局後、アメリカのデューク大学医学部神経科学研究センターに留学。てんかんモデルであるキンドリングを研究。帰国後、精神科医療を専門に診療・研究を行う。患者さんの訴えにきちんと耳を傾け、薬物の処方は最小限に抑えるという治療方針で、患者さんからの信頼も厚い。

※アスペルガーは、現在ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)と呼ばれていますが、タイトルでは分かりやすく表現するため、アスペルガーという表現を用いています。

“夫がおかしい”と決めつけず、夫婦で受診・カウンセリングを

後編では、夫が発達障害かもしれないと悩む女性のお悩みに、どう対処したらいいかをご紹介します。

<お悩み1>

夫は神経質で、予定が狂うとイライラ

夫は神経質で融通がきかず、家事にも細かいこだわりがあります。私の家事に対しても、感謝より落ち度を指摘してきて、言い方もきついです。予定がくるうとイライラするので、怒り出さないように気を遣います。「明日、どうする?」となにか相談を持ちかけても話し合いができず、私が怒っていることにたいして気づいてくれません。子どもにも理詰めで叱るので、怯えてしまっています。根はいい人なのですが、この先やっていける自信がありません。

<アドバイス1>

まず自分がカウンセリングを受けてみる。
子どもに手紙を書いてもらうなど協力を仰いでみても

妻がカウンセリングを受け、夫への言葉の投げかけ方を学ぶのもいいかもしれません。
男性は話し合いに応じないのは、何か他のことを考えている場合が多いと思います。本人にとっては、相談を持ちかけられている意識がない場合もあります。

男性の心理(心の内面)を理解できるカウンセラーからカウンセリングを受けるのもひとつの手です。“どうして私がそこまでしないといけないの…”と感じるかもしれませんが、ASD男性の操縦法を学ぶことで、妻もラクになれるはずです。

また夫は、妻や子どもが自分の態度で怯えていることなど、全く気がついていないと思います。怒り出さないよう、うまく、困っていることを伝えることが重要です。
伝え方ですが、子どもに作文や手紙などを書いてもらうといいかもしれません。書き出しでは、パパの良いところをほめる内容から始め、続いて“こういうところが怖いからやめてほしい”という優しい表現で伝えてみてください。
もちろん、手紙の文面はママがお子さんと一緒に考えて構いません。

ASDの男性は、子どもの頃から動物に触れるなどの体験が少ない人が多く見られます。お子さんの情操教育にもなりますし、ウサギや犬、猫などの動物を飼う“アニマルセラピー”も助けになるかもしれません。

<アドバイス2>

実は、妻に問題のあるケースも…
ADHD傾向があり、妻の判断力に問題があった

お悩みの内容とは少し違いますが、こんなケースもありました。
A子さんは、あまり熟練していないカウンセラーから「ご主人は重度のASDですね」と言われ、夫とともにクリニックを受診しました。
診察の結果、夫は重度のASDではなく、妻であるA子さんの考え方に問題があり、ADHDの傾向があることがわかりました。
たとえば、お子さんが幼稚園受験したときのこと。面接官から「お子さんが幼稚園でケガをしたらあなたはどうしますか?」と尋ねられ、A子さんは「実家の母親が園に近いので、まず母親に駆けつけてもらいます。その後私が行くべきか考えます」と答えたそうです。
本来は、「まず私が駆けつけます」と回答すべきだったのでしょう。母親の都合を全く考えていない回答で面接官の印象を悪くし不合格になったそうです。

また、「ご主人のどのような行動がASDですか?」と私がA子さんに質問したところ、「夫と私、子ども、両親の5人で遊んでいた時にお腹がすきました。そこで主人が、近くの売店までお弁当を買いに行きました。しかし2つしか買ってこないので、5人で分けて食べる羽目になりました」というエピソードを話しました。「この人(夫)は、空気が読めないんです」とA子さんは言います。
ご主人に「なぜ2個だったのですか?」と尋ねると、「お弁当はほとんど売り切れで、2個だけ残っていました。仕方なく2個だけ買い求め、みんなで分けて食べました」という真っ当な回答でした。
A子さんは、少し判断力に欠けるところがあることがわかります。
このケースからわかるのは、夫のことを一方的に“おかしい”と決めつけないことが大切ということです。妻の側も一度、医師の診断を受けてみることが大切かもしれません。

またカウンセラーが、夫は重度のASDだと判断してしまったことにも問題があります。
“重度の”という言葉を、安易に使わないようにしなければなりません。腕の良いカウンセラーを探すのは大変ですが、熟練した人と出会えると目の前の難題も解決に向かうのかもしません。

発達障害(ASDとADHD)の定義や症状について詳しくはこちら

次のページでは、“あるある!”と言いたくなる、お悩みに対するアドバイスを2つご紹介します。

バックナンバー一覧

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。