トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 「吐キ気」に関連する家庭の医学 1ページ目

「吐キ気」に関連する家庭の医学

医療の最前線で活躍される先生方による執筆&監修。女性と子どもの病気に特化した病気情報が満載です。

女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

「吐キ気」に関する検索結果を表示しています。

体験談282| 育児Q&A49| 家庭の医学26

関連のある病気・症状キーワード

嘔吐 髄膜炎 単純ヘルペス脳炎 水頭症 もやもや病 逆流性食道炎

Web家庭の医学 1ページ目

  • 髄膜炎は脳、脊髄をおおっている髄膜におもに細菌とウイルスが感染を起こすことによって発症します。髄膜炎には、無菌性、化膿性、結核性、真菌性、がん性などがありますが、小児で重要なのはウイルスによる無菌性…
  • 下痢と嘔吐は、子どもによくみられる症状です。その原因としては、放置してよい場合と緊急を要する場合がありますので、きげんや顔色、食欲などを十分観察する必要があります。下痢は、便がやわらかくなり、かゆ状…
  • 下痢や嘔吐を主症状とする感染による急性胃腸炎は、細菌性のものとウイルス性に分けられますが、乳幼児の場合は大部分がウイルス性胃腸炎です。原因となるウイルスを年齢別にみると、次のような傾向がみられます。…
  • 頭痛は園児ぐらいになると、かなり正確に表現できますが、それ以下の年齢ではふきげん、食欲がないなどで推察します。年長児では、しばしば訴える症状です。熱と一緒に頭痛がみられるのは、かぜ、インフルエンザで…
  • はしかは、はしかウイルスに感染することによって起こる急性伝染病です。患者のせき、鼻水、くしゃみなどからうつります。大多数が生後6カ月から9歳までの時期にかかります。特に発病する子どものほぼ半数が2歳…
  • 腸管が腸管の中にもぐり込んでしまった状態になる病気です。もぐり込んだところは血液が流れにくくなり、放っておくと腐って孔があいてしまいます。治療が遅れると生命にかかわる病気です。4カ月から1歳くらいの…
  • おたふくかぜは、流行性耳下腺炎、あるいはムンプスとも呼ばれる病気で、ムンプスウイルスによる感染症です。感染者の唾液から飛沫感染します。春先から夏にかけて多く発生し、かかりやすい年齢は1~9歳で、特に…
  • インフルエンザウイルスの感染で起こる病気で、毎年11~2月にかけ流行します。伝染力が強く伝染する速度も速いので、幼稚園、小学校、中学校で大流行します。せきやくしゃみ、鼻水によって飛沫感染します。インフ…
  • 月経時に起こる月経痛は、月経血を狭い子宮頸管を通して押し出すためのけいれん様の子宮収縮、子宮収縮に伴う有痛物質(プロスタグランジン)の増加、さらに子宮周囲骨盤内臓器の充血やうっ血が原因となって起こり…
  • 乳幼児が急に高熱を出すときに起こす全身のけいれんで、日本では小児人口の約5%前後(20人に1人)で起こる頻度の高い病気です。多くは治療を必要としない予後の良好な病気で、後遺症などは残りません。熱性けい…
  • かぜという病名ほど小児科医と母親との会話の中でよく使われている言葉はありません。極端な場合には、はじめから「かぜです」と自己診断をして来院するお母さんもいます。この場合の「かぜです」は、「どうも具合…
  • 多くは上気道炎に引きつづいて起こります。熱が出て、はじめは乾いたせきが、しだいにたんもからまって湿ったせきになります。乳幼児では食欲不振、嘔吐、下痢などを伴い、年長児では頭痛やだるさを訴えます。1歳…
  • 発症年齢は6歳未満に多いですが、新生児期を含む小児期のあらゆる年齢層においても認められます。単純ヘルペスウイルスはヒトヘルペス科ウイルスα亜科に属するウイルスで1型と2型とが存在し、単純ヘルペス脳炎の…
  • 私たちのからだに、病原菌など(抗原)が入ってくると、抗体が反応して、追い出そうとします。これを抗原抗体反応といいます。この反応には、病気を治すよい面と過剰に反応して自分のからだを傷つけてしまう悪い面…
  • インフルエンザ脳症とは、インフルエンザウイルスの流行期間中に感染したときに起こる重篤な合併症です。急激な経過で脳機能が全般的に低下し、意識障害を生じる症候群で、実際は意識障害だけでなく、嘔吐やけいれ…
  • 脳は頭蓋骨とその内側の髄膜によって守られています。さらに髄膜と脳の表面の間は髄液で満たされています。その髄液は、大脳のもっとも奥の脳室と呼ばれる部屋でつくられ、脳室につづく中脳水道および小脳の内側の…
  • 大脳に血液を送る2本の大きな血管(内頸動脈)の末梢部やそこから分岐する血管の根元が左右とも閉塞あるいは狭窄し、それを補うように新たに細い血管が網のようにできた様子が血管撮影をすると「もやもや」とたば…
  • 出生前や出産時、あるいは出生後の早い時期に、なんらかの原因で脳に障害を受けると、その後、手足やからだの動きが不自由になることがあります。これが脳性麻痺で、いわば脳の病気や胎児期から出生時に受けた脳の…
  • 突然、精巣の激しい痛みと、そのため脚を広げて前かがみになって歩く異常な姿勢をとるときは、精巣回転症(精索〈精巣〉捻転症)が考えられます。陰嚢は赤く大きくなり、精巣に触ると強い痛みがあり、精巣も腫れて…
  • 脊髄や脊椎は神経管という組織からできあがりますが、二分脊椎は神経管の閉鎖が不十分な場合に起こります。遺伝と環境の両方の要因が関与していると考えられています。妊娠中の葉酸欠乏にもよることが知られ、妊娠…

1~20件を表示(26件中)

女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。