トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 「AD」に関連する家庭の医学 1ページ目

「AD」に関連する家庭の医学

医療の最前線で活躍される先生方による執筆&監修。女性と子どもの病気に特化した病気情報が満載です。

女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

「AD」に関する検索結果を表示しています。

体験談14| 育児Q&A5| 家庭の医学8

関連のある病気・症状キーワード

吃音 学習障害 注意欠陥 多動性障害 AD HD

Web家庭の医学 1ページ目

  • 吃音は、話し言葉のリズムの障害です。話し言葉のリズムが乱れ、最初の子音や音節を反復したり、最初の子音を長引かせるような話し方をします。そして話しながら眉をしかめたり、まぶたを強く閉じたり、手で調子を…
  • 最近、学習障害または学習困難という用語をよく耳にしますが、誤解されていることがずいぶん多い用語です。
  • 多動で落ちつきのない子どもは多く、親の育て方の問題、子どもの気質や中枢神経系の成熟障害など、さまざまな原因が考えられます。心理的な原因や、親の養育態度の問題ではなく、発達レベルや年齢にいちじるしく不…
  • 1943年に、アメリカのレオ・カナー教授が報告したもので、最初は幼児期にみられる精神病のひとつと考えられていました。現在では、発達障害と考えられており、中枢神経機能の成熟の遅れによるもので、3歳までに症…
  • 子宮頸部の表面は、腟に近い部分は皮膚と同じ、扁平上皮でおおわれており、さらに、奥の子宮体部側は、粘液を分泌する腺上皮でできています。一般にいう子宮頸がんは、約85%が扁平上皮の細胞から発生する子宮頸部…
  • 更年期に入ると、加齢ならびにエストロゲン分泌の低下により、約80%の女性がのぼせやほてり、発汗といったなんらかの症状を経験します。このような、臓器には年齢に相応した変化はあっても特に機能の異常はなく、…
  • カフェオレ斑と呼ばれる褐色の1.5cm以上の斑がからだに数個以上みられます。学童期以降では皮膚のやわらかいふくらみがみられるようになります。これは末梢神経の良性腫瘍で神経線維腫と呼ばれます。NF1という遺伝…
  • 代表的な発達障害のひとつで、18歳までに、知能の発達が平均より遅れており、同時に適応機能(社会的技能と責任、コミュニケーション、日常生活習慣、自立、経済力など)の障害が認められるものをいいます。さまざ…
  • 1

1~8件を表示(8件中)

女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。