トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 「インフルエンザ」に関連するページ一覧

「インフルエンザ」に関する検索結果

女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

「インフルエンザ」に関する検索結果を表示しています。

体験談217| 育児Q&A12| 家庭の医学9

関連のある病気・症状キーワード

インフルエンザ 単純ヘルペス脳炎 インフルエンザ脳症

教えて!みんなの病気・けが体験談

投稿日時:2013年06月27日 09:15
二人目妊娠中に上の子がインフルエンザに 会員
投稿日時:2014年04月10日 22:39
インフルエンザA型にかかりました 会員
投稿日時:2017年07月22日 00:22
妊娠初期でのインフルエンザ 会員
投稿日時:2015年02月27日 10:51
流行過ぎてのインフルエンザ 会員
投稿日時:2014年03月29日 15:41
初めてのインフルエンザ 会員

ママのための育児Q&A

インフルエンザの予防接種
インフルエンザが流行すると、幼児や小児では重症で死に至ったり、脳症を起こしたりするケースもあるようですが、予防接種で防げますか。いくつぐらいから受けてもよいのでしょうか。お金はいくらぐらいかかりますか。(1歳2か月・女児)
インフルエンザワクチンの副反応
きょうインフルエンザの予防接種を受けてから、発熱し吐きました。医者に行ったところ、嘔吐下痢症かもといわれましたが、大丈夫でしょうか。副反応ではないでしょうか。(2歳2か月・男児)
解熱剤の副作用
解熱剤は副作用があると聞きましたが、使っても大丈夫でしょうか。解熱剤にもいろいろ種類があるようですが、安全な薬を教えてください。(7か月・男児)
低出生体重児は病気になりやすい?
低出生体重児は病気になりやすいと聞きますが、とくに低出生体重児に多い病気にはどういうものがありますか。退院してから、どんな点に気をつけたらよいでしょうか。かぜをひきやすいというようなことがあるのでしょうか。(1か月・女児)
子どもの薬と大人の薬の違い
子どもの薬と大人の薬では、いったいどこが違うのでしょうか。もし量の問題だけならば、量を減らして調整すれば、大人の薬を子どもに使っても大丈夫でしょうか。(1歳7か月・男児)

Web家庭の医学

  • インフルエンザウイルスの感染で起こる病気で、毎年11~2月にかけ流行します。伝染力が強く伝染する速度も速いので、幼稚園、小学校、中学校で大流行します。せきやくしゃみ、鼻水によって飛沫感染します。インフ…
  • インフルエンザ脳症とは、インフルエンザウイルスの流行期間中に感染したときに起こる重篤な合併症です。急激な経過で脳機能が全般的に低下し、意識障害を生じる症候群で、実際は意識障害だけでなく、嘔吐やけいれ…
  • 発症年齢は6歳未満に多いですが、新生児期を含む小児期のあらゆる年齢層においても認められます。単純ヘルペスウイルスはヒトヘルペス科ウイルスα亜科に属するウイルスで1型と2型とが存在し、単純ヘルペス脳炎の…
  • 肺炎とは、ウイルスや細菌などが肺に感染して炎症を起こすことです。多くの場合、かぜや気管支炎をこじらせて起こすので、かぜを軽くみてはいけません。肺炎の症状は原因によって異なりますが、一般的には細菌によ…
  • 乳幼児が急に高熱を出すときに起こす全身のけいれんで、日本では小児人口の約5%前後(20人に1人)で起こる頻度の高い病気です。多くは治療を必要としない予後の良好な病気で、後遺症などは残りません。熱性けい…
女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。