トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 「出産」に関連するページ一覧

「出産」に関する検索結果

女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

「出産」に関する検索結果を表示しています。

体験談287| 育児Q&A359| 家庭の医学14

関連のある病気・症状キーワード

出産

教えて!みんなの病気・けが体験談

投稿日時:2013年06月30日 15:16
妊娠中に溶連菌感染 会員
投稿日時:2017年10月29日 14:05
不正出血と思い受診 会員
投稿日時:2013年07月09日 14:24
出産前、不正出血で病院へ 会員
投稿日時:2013年07月10日 01:33
出産してから便秘体質が改善されました 会員
投稿日時:2013年06月17日 22:50
切迫早産になりました。 会員

ママのための育児Q&A

若年出産か高年出産か
18歳で結婚しまだ子どもはありません。早く生んで姉弟、姉妹みたいな親子になってあとから青春するのもいいし、じっくり夫婦の時間を楽しんで、そのあとで子育てに専念するのもいいし、人生設計をあれこれ考えています。若齢出産や高齢出産のメリット・デメリットを教えてください。(19歳)
出産の適齢期
出産適齢期というものがあるのでしょうか。実は私は、できれば30歳くらいまで、仕事に専念したいと考えています。(24歳)
高年齢出産は危ないか
なぜ、高年齢出産は危ないのですか。私は母が40歳のときに生まれた娘ですが、元気に働いております。(27歳)
高齢出産は帝王切開が多い?
高齢出産の場合、軟産道がかたくなって難産になりやすく、また胎盤の機能不全も起こりやすいので帝王切開になることが多いと聞きました。現在順調ですが一応の覚悟はしておいたほうがよいでしょうか。(39歳、妊娠第7か月)
夫の立ち会い出産
母親学級の話を夫にしたところ、自分も参加したいといいだしました。父親が参加してもよいものでしょうか。夫は出産の立ち会いも希望しています。(妊娠30週=第8か月)

Web家庭の医学

  • 出生前や出産時、あるいは出生後の早い時期に、なんらかの原因で脳に障害を受けると、その後、手足やからだの動きが不自由になることがあります。これが脳性麻痺で、いわば脳の病気や胎児期から出生時に受けた脳の…
  • 外陰がんは、女性性器の外陰部にできる皮膚がんの一種で、あまり多いものではありません。ほとんどが大陰唇に発生します。約90%が扁平上皮がん、5%が悪性黒色腫です。高齢者に多く、50歳代から増え始め、60歳代…
  • 妊娠するとお母さん側の子宮内膜が脱落膜に変わり、赤ちゃん側には羊膜ができて、そして母子間の血流を交換する絨毛(膜)の3つの膜が胎盤を形成します。この絨毛に発生する病気を絨毛性疾患といいます。絨毛性疾…
  • からだの臓器の中でもとくに卵巣にはいろいろな種類の腫瘍ができ、良性、悪性はもちろん境界悪性腫瘍と分類されるものもあります。卵巣の腫瘍は(1)水様性やゼリー状などの内容を含んだ嚢胞性の腫瘍(2)こぶのように…
  • 子宮筋腫は子宮の筋肉(平滑筋)にできる良性の腫瘍で、球形でこぶのようにかたい腫瘍です。その95%が子宮の体部に発生し、残りの約5%が頸部に発生するといわれています。また、子宮筋腫は、その発生部位、発育…
女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。