トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 「感染症」に関連するページ一覧

「感染症」に関する検索結果

女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

「感染症」に関する検索結果を表示しています。

体験談561| 育児Q&A149| 家庭の医学33

教えて!みんなの病気・けが体験談

投稿日時:2015年04月21日 16:41
抗生剤が合わず血粘性下痢から3か月下痢が止まらず。結果 一時乳糖不耐症でした。 会員
投稿日時:2014年04月10日 22:51
下痢が続きました乳糖不耐症でした 会員
投稿日時:2013年08月01日 16:18
8か月、下痢とおむつかぶれ 会員
投稿日時:2014年10月06日 02:03
大人の溶連菌感染症 会員
投稿日時:2017年03月17日 23:23
嘔吐と下痢 会員

ママのための育児Q&A

かぜをひきやすい子
とてもかぜをひきやすく、すぐ高熱を出し、ひどいせきが出ます。かぜをひかないようにはできませんか。(1歳・男児)
かぜをひかせたくない
今年の冬こそ、かぜをひかせたくありません。秋から冬にそなえての鍛え方は、どういうふうにすればよいでしょう。(1歳6か月・男児)
乳糖不耐性下痢症に牛乳はよくない?
いままではふつうに牛乳を飲んでいたのに、かぜをひいてから牛乳を飲むたびに下痢をするようになりました。医者に乳糖不耐性下痢症といわれました。アレルギーということですか。牛乳はもう飲ませないほうがよいのでしょうか。(1歳5か月・男児)
かぜがはやっているときの外出
冬は空気が乾燥していて、かぜなどのウイルス性の病気にかかりやすいと聞きました。お散歩などの外出は控えめにしたほうがよいでしょうか。(6か月・男児)
下痢したときの水分補給
赤ちゃんや幼児が下痢をしたとき、子ども用のイオン飲料を飲ませてよいでしょうか。(9か月・男児)

Web家庭の医学

  • かぜという病名ほど小児科医と母親との会話の中でよく使われている言葉はありません。極端な場合には、はじめから「かぜです」と自己診断をして来院するお母さんもいます。この場合の「かぜです」は、「どうも具合…
  • 出生前や出産時、あるいは出生後の早い時期に、なんらかの原因で脳に障害を受けると、その後、手足やからだの動きが不自由になることがあります。これが脳性麻痺で、いわば脳の病気や胎児期から出生時に受けた脳の…
  • 下痢と嘔吐は、子どもによくみられる症状です。その原因としては、放置してよい場合と緊急を要する場合がありますので、きげんや顔色、食欲などを十分観察する必要があります。下痢は、便がやわらかくなり、かゆ状…
  • 脊髄や脊椎は神経管という組織からできあがりますが、二分脊椎は神経管の閉鎖が不十分な場合に起こります。遺伝と環境の両方の要因が関与していると考えられています。妊娠中の葉酸欠乏にもよることが知られ、妊娠…
  • おたふくかぜは、流行性耳下腺炎、あるいはムンプスとも呼ばれる病気で、ムンプスウイルスによる感染症です。感染者の唾液から飛沫感染します。春先から夏にかけて多く発生し、かかりやすい年齢は1~9歳で、特に…
女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。