トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 「染色体異常」に関連するページ一覧

「染色体異常」に関する検索結果

女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

「染色体異常」に関する検索結果を表示しています。

体験談3| 育児Q&A3| 家庭の医学10

教えて!みんなの病気・けが体験談

投稿日時:2016年10月28日 18:11
息子がダウン症 会員
投稿日時:2013年07月04日 21:23
21番目の染色体を一本多く持って生まれました 会員
投稿日時:2015年02月14日 17:06
下逆さまつげの手術 会員

ママのための育児Q&A

第1子がダウン症候群。次の子は大丈夫か
第1子がダウン症候群でした。現在妊娠中ですが、次の子も同じようになるのでしょうか。私ども夫婦の血縁者には、ほかにダウン症候群の人はおりません。(妊娠9週=第3か月)
高齢出産では羊水検査を受けるべきか
ダウン症候群の赤ちゃんの出生率は、母親の年齢に比例して高くなるそうですが、ほんとうですか。高齢出産では羊水検査を受けたほうがよいでしょうか。羊水検査はいつごろ受けるのですか。(35歳・妊娠10週)
ダウン症児が続けて生まれる可能性は
最初の子どもはダウン症候群でした。もう1人子どもがほしいと思っていますが、次の子も障害を持って生まれてくる可能性はあるのでしょうか。そのことを考えると怖くなって二の足を踏んでしまいます。(3歳・女児)

Web家庭の医学

  • 21番染色体が3本(トリソミー)あることが原因です。出生児1000人に1人の割合でみられます。母親の年齢が高くなればその頻度は高くなり、35歳でおよそ300人に1人、40歳では100人に1人です。ダウン症の3~4%…
  • またネフローゼ症候群には、先天性ネフローゼ症候群という特殊なネフローゼ症候群があります。このタイプは先天的な病気であり、最近その原因となる遺伝子(責任遺伝子と呼ばれています)が明らかになりました。こ…
  • 脊髄の前角細胞からは、運動の命令を脳から全身の筋肉に伝える末梢神経が伸びています。その前角細胞が徐々に壊れるため、二次的に筋肉の萎縮や筋力の低下が起こる病気を脊髄性筋萎縮症と呼びます。前角細胞を維持…
  • 神経線維腫症I型と同様、皮膚と神経に症状が現れる疾患(神経皮膚疾患)のひとつです。TSC1あるいはTSC2という遺伝子の変異によって起こります。患者さんの3分の2は両親が正常で、突然変異により起こります。皮膚…
  • X染色体の一部が壊れやすいことからこのように呼ばれます。欧米では男子1500人に1人、女子2500人に1人と、知的障害の原因としてはダウン症に次いで多い疾患とされますが、日本での頻度はそれより低いと思われま…
女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。