トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 「発達障害」に関連するページ一覧

「発達障害」に関する検索結果

女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

「発達障害」に関する検索結果を表示しています。

体験談32| 育児Q&A9| 家庭の医学10

教えて!みんなの病気・けが体験談

投稿日時:2017年05月03日 23:23
知的障がいのある自閉症 会員
投稿日時:2015年12月24日 12:52
ADHD 会員
投稿日時:2017年10月11日 08:13
ADHD発覚 会員
投稿日時:2015年09月11日 19:30
自閉症 会員
投稿日時:2016年11月11日 07:27
自閉症が分かりました。 会員

ママのための育児Q&A

自閉症といわれた
保健所の発達相談で精神科の先生にはっきりと「自閉症」、しかも「軽度の知的障害をともなった自閉症」と診断されてしまいました。いまは療育センターに通っていますが、この子のためにほかにどんなことがしてやれるのでしょうか。また、夫はどうしてもこの事実を認めようとせず、けれど見るとつらいのか子どもを避けるようにしています。どうしたらよいでしょうか。(3歳2か月・男児)
首がすわらない
まだ首がすわっていません。医師にうつ伏せにしなかったせいだと非難されましたが、うつ伏せにしたときにどの程度首を持ち上げれば正常でしょうか。4か月で首がすわらないのはどこか異常があるのでしょうか。(4か月・男児)
シャフリングベビーとは
はいはいがじょうずにできず、シャフリングベビーといわれました。シャフリングベビーとはどういうことですか。病気なのでしょうか。(10か月・女児)
歩行開始がおそい
歩行開始がたいへんおそく、歩き方もよたよたしていて、よくころびます。どんな病気が考えられますか。(4歳・男児)
市販薬胎児への影響
かぜをひいたらしいので、薬局でかぜ薬を買って飲んでいましたら、そのころ妊娠していることがわかりました。妊娠初期には、どんな薬を飲んでもいけないのでしょうか。(妊娠7週=第2か月)

Web家庭の医学

  • 1943年に、アメリカのレオ・カナー教授が報告したもので、最初は幼児期にみられる精神病のひとつと考えられていました。現在では、発達障害と考えられており、中枢神経機能の成熟の遅れによるもので、3歳までに症…
  • 代表的な発達障害のひとつで、18歳までに、知能の発達が平均より遅れており、同時に適応機能(社会的技能と責任、コミュニケーション、日常生活習慣、自立、経済力など)の障害が認められるものをいいます。さまざ…
  • 最近、学習障害または学習困難という用語をよく耳にしますが、誤解されていることがずいぶん多い用語です。
  • 多動で落ちつきのない子どもは多く、親の育て方の問題、子どもの気質や中枢神経系の成熟障害など、さまざまな原因が考えられます。心理的な原因や、親の養育態度の問題ではなく、発達レベルや年齢にいちじるしく不…
  • アスペルガー症候群は、1944年にオーストリアのハンス・アスペルガー教授が4例の男児について報告し、「自閉的精神病質」と呼んだのが始まりです。1980年代になってから、アスペルガー症候群として再登場し、広く…
女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。