トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 「皮膚科」に関連するページ一覧

「皮膚科」に関する検索結果

女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

「皮膚科」に関する検索結果を表示しています。

体験談283| 育児Q&A140| 家庭の医学23

教えて!みんなの病気・けが体験談

投稿日時:2013年04月21日 00:20
多形滲出性紅斑(軽症型):上腕のみ 会員
投稿日時:2014年03月05日 21:40
アトピー性皮膚炎でとびひに。。 会員
投稿日時:2013年11月06日 02:50
汗疱って知ってますか 会員
投稿日時:2015年02月26日 21:32
アレルギー性鼻炎 会員
投稿日時:2015年03月10日 12:06
丸い湿疹 会員

ママのための育児Q&A

赤いぼつぼつが出た
赤ちゃんの皮膚は敏感なのでしょうか。泣くと赤くなったり、おふろから上がると赤いぼつぼつが出たりします。(1か月・女児)
発疹とは
乳幼児には、発疹の出る病気がたいへん多いと聞きます。①発疹とはどういうものですか。皮膚にぽつぽつができたり、赤くなったりするのはすべて発疹ですか。②発疹と湿疹はどう違うのですか。③発疹の性質によって、病気を見分けることができますか。(2歳・男児)
ステロイド剤の副作用が心配
アトピー性皮膚炎で、副腎皮質ステロイド軟膏を使っていますが、副作用が心配です。ほかに治療薬はありませんか。(2歳3か月・男児)
皮膚がぼろぼろむける
皮膚がふけのように、ぼろぼろとむけてきました。ほうっておいてもかまわないでしょうか。(10日・女児)
赤ちゃんと紫外線
祖母がさかんに日光浴をすすめます。紫外線による皮膚ガンのことがよくいわれているので、私はとても心配なのですが、赤ちゃんにとっての紫外線の影響はどうなのでしょうか。(2か月・女児)

Web家庭の医学

  • 脊髄や脊椎は神経管という組織からできあがりますが、二分脊椎は神経管の閉鎖が不十分な場合に起こります。遺伝と環境の両方の要因が関与していると考えられています。妊娠中の葉酸欠乏にもよることが知られ、妊娠…
  • 乳がんは乳腺にできる悪性の腫瘍(できもの)のなかでもっとも多いものです。乳がんは欧米の女性に多くみられ、日本人女性はその約5分の1程度と少なかったのですが、最近急に増えてきています。すでに2000年には…
  • カフェオレ斑と呼ばれる褐色の1.5cm以上の斑がからだに数個以上みられます。学童期以降では皮膚のやわらかいふくらみがみられるようになります。これは末梢神経の良性腫瘍で神経線維腫と呼ばれます。NF1という遺伝…
  • 神経線維腫症I型と同様、皮膚と神経に症状が現れる疾患(神経皮膚疾患)のひとつです。TSC1あるいはTSC2という遺伝子の変異によって起こります。患者さんの3分の2は両親が正常で、突然変異により起こります。皮膚…
  • 風疹ウイルスが原因で起こる感染症で、患者の唾液が飛び散ってうつります。流行する時期は、春先から初夏にかけてが多いようです。かかりやすい年齢は1~9歳までの子どもですが、特に5~9歳の子どもが多く感染…
女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。