トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 「胸」に関連するページ一覧

「胸」に関する検索結果

女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

「胸」に関する検索結果を表示しています。

体験談246| 育児Q&A9| 家庭の医学10

教えて!みんなの病気・けが体験談

投稿日時:2013年07月10日 23:22
授乳中の乳腺炎 会員
投稿日時:2016年09月26日 22:38
半日授乳をしなかったら乳腺炎になってしまいました 会員
投稿日時:2013年04月03日 09:02
何度なっても、辛い乳腺炎☆ 会員
投稿日時:2014年04月09日 18:31
断乳中、乳腺炎になりました 会員
投稿日時:2013年05月13日 13:33
乳腺炎に何度もなりました。 会員

ママのための育児Q&A

乳腺炎にかかった
乳腺炎になってしまいました。乳腺炎になってしまったほうの乳房で母乳を与えてはいけないようですが、痛くなくなったら与えてよいのですか。(3か月・女児)
乳腺炎を何度も繰り返す
乳腺炎を何度も繰り返し、そのたびに高熱が出ます。今回はうみがたまってしこりができたため、医師に切開を受け排膿してもらいました。今後、乳腺炎を起こさないためには、どうすればいいでしょうか。(産後5週)
母乳にうみが混じる
右側が乳腺炎を起こし、母乳の中にうみが混じって出てくるようです。右側だけ母乳をやめて、左側の乳房でそのまま授乳を続ける方法はありませんか。(産後3週)
斜頸の治療法
片方ばかり向いて寝ると思っていたら斜頸だといわれ、寝かせ方の工夫について指導がありました。姉の子は斜頸でマッサージに通ったのですが、その必要はないのでしょうか。斜頸の治療法について教えてください。(3か月・女児)
2か月で歯が生えた
歯の生えるのは6か月と聞いていましたが、うちの子は2か月なのに、もう下の歯が2本生えてきました。あまり早いので心配です。(2か月・女児)

Web家庭の医学

  • 乳がんは乳腺にできる悪性の腫瘍(できもの)のなかでもっとも多いものです。乳がんは欧米の女性に多くみられ、日本人女性はその約5分の1程度と少なかったのですが、最近急に増えてきています。すでに2000年には…
  • 急性乳腺炎のほとんどは授乳期、ことに産褥期にみられ、うっ滞性乳腺炎と化膿性乳腺炎の2つに分けられ、それぞれ治療法が異なっています。慢性のものでは乳輪下膿瘍と呼ばれる病気があります。
  • 10代後半から30代の年齢層の女性によくできる乳腺の良性の腫瘍(できもの)です。しこりの大きさは小豆大からクルミ大ぐらいのことが多く、弾力性に富んでいて、球形または楕円形をしていて、表面は滑らかで周囲組…
  • 生後2~3週間ほどのときに、顔がどちらか一方ばかり向いていて、頭の骨が扁平に変形し、顔の向いているほうと逆側の首にしこりが触れれば筋性斜頸です。筋性斜頸は胸鎖乳突筋と呼ばれる筋肉にしこりができること…
  • 側彎症とは背骨が横に曲がっている状態です。側彎を起こす病気はたくさんありますが、もっとも多いのは、10歳以後の思春期にみられる原因がはっきりわからない特発性側彎症です。女の子に多く、立ったときに背中を…
女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。