トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 「脊髄」に関連するページ一覧

「脊髄」に関する検索結果

女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

「脊髄」に関する検索結果を表示しています。

体験談23| 育児Q&A11| 家庭の医学11

教えて!みんなの病気・けが体験談

投稿日時:2013年07月02日 02:09
水頭症疑いで1年間通院 会員
投稿日時:2013年09月01日 20:15
新生児の髄膜炎 会員
投稿日時:2014年03月05日 10:03
インフルエンザの合併症で軽い髄膜炎になりかけました 会員
投稿日時:2015年11月02日 16:11
ユーイング肉腫 会員
投稿日時:2013年06月28日 12:12
川遊びで最悪な結果に・・・ 会員

ママのための育児Q&A

ヒブと肺炎球菌のワクチンを受けたい
ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンが受けられるようになったようですが、どのようにするのがよいでしょうか。(3か月女児と2歳男児)
けいれんはどうして起こる?
けいれんはなぜ起こるのですか。全身けいれんも、手足の一部をけいれんさせるものも、みんな心配ですか。けいれんでわかる病気には、どんなものがありますか。(4か月・男児)
「点頭てんかん」とはどんな病気か
点頭てんかんの疑いがあるといわれました。点頭てんかんというのはどういう病気ですか。一般のてんかんとどこが違うのですか。どういう手当てが必要なのですか。(8か月・男児)
母親の結核の子どもへの感染
かぜが長引いていると思っていたら、結核に感染していました。母乳をあげていましたが、子にも感染しているでしょうか。まだBCG接種は受けていません。(4か月・女児)
羊水過多が及ぼす赤ちゃんの異常
超音波診断で羊水が多いといわれました。おなかの赤ちゃんに異常があるのでしょうか。また、なにか日常生活で気をつけることはあるでしょうか。(妊娠32週=第9か月)

Web家庭の医学

  • 髄膜炎は脳、脊髄をおおっている髄膜におもに細菌とウイルスが感染を起こすことによって発症します。髄膜炎には、無菌性、化膿性、結核性、真菌性、がん性などがありますが、小児で重要なのはウイルスによる無菌性…
  • 脳は頭蓋骨とその内側の髄膜によって守られています。さらに髄膜と脳の表面の間は髄液で満たされています。その髄液は、大脳のもっとも奥の脳室と呼ばれる部屋でつくられ、脳室につづく中脳水道および小脳の内側の…
  • 脊髄や脊椎は神経管という組織からできあがりますが、二分脊椎は神経管の閉鎖が不十分な場合に起こります。遺伝と環境の両方の要因が関与していると考えられています。妊娠中の葉酸欠乏にもよることが知られ、妊娠…
  • 発症年齢は6歳未満に多いですが、新生児期を含む小児期のあらゆる年齢層においても認められます。単純ヘルペスウイルスはヒトヘルペス科ウイルスα亜科に属するウイルスで1型と2型とが存在し、単純ヘルペス脳炎の…
  • 脊髄の前角細胞からは、運動の命令を脳から全身の筋肉に伝える末梢神経が伸びています。その前角細胞が徐々に壊れるため、二次的に筋肉の萎縮や筋力の低下が起こる病気を脊髄性筋萎縮症と呼びます。前角細胞を維持…
女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。