トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 「血尿」に関連するページ一覧

「血尿」に関する検索結果

女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

「血尿」に関する検索結果を表示しています。

体験談10| 育児Q&A0| 家庭の医学4

教えて!みんなの病気・けが体験談

投稿日時:2013年12月09日 16:56
溶連菌感染後急性糸球体腎炎 会員
投稿日時:2013年03月15日 15:39
学校検診で発見? 会員
投稿日時:2014年04月14日 00:32
膀胱尿管逆流症 会員
投稿日時:2014年05月09日 16:34
膀胱尿道逆流症 会員
投稿日時:2014年06月26日 14:42
妊婦検診でわかった腎臓の病気 会員

ママのための育児Q&A

入力されたキーワードに関連する育児Q&Aは0件です。

Web家庭の医学

  • 神経芽細胞腫は、発生学的に副腎髄質と交感神経を形成する神経堤由来の悪性腫瘍です。1歳未満で発見される腫瘍は自然治癒傾向を示すことが多く、1歳を超えて発症する腫瘍とは一線を画して考えられています。腎臓…
  • 先天性腎尿路疾患としては、低形成腎や異形成腎(生まれつき腎臓が小さかったり、閉塞その他の異常がある)、馬蹄腎(左右の腎臓が下方でくっついている)、重複腎盂尿管、先天性水腎症(腎臓内に尿がたまる)など…
  • 腎臓の急性炎症の多くは、溶血性連鎖球菌(溶連菌)感染後に、抗原である溶連菌と抗体(溶連菌の場合はASOと呼ばれます)と補体*の三者によって起こる腎炎です(図17-14)。急性糸球体腎炎(急性腎炎)の臨床症状…
  • 慢性糸球体腎炎(慢性腎炎)は、急性糸球体腎炎とは異なり、多くは発症がはっきりせず、尿の検査で血尿あるいはたんぱく尿が少なくとも1年以上つづく腎炎をいいます。小児期では、慢性糸球体腎炎は多くの場合、学…
女性のからだと病気から探す  子どものからだと病気から探す

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。