小学校で差がつく!?頭のいい子が育つ習い事

子どもの豊かな感性をはぐくみ、表現力や集中力など、さまざまな力を伸ばす習い事として人気の音楽。最近では、音楽を習っていた子は成績がよくなる、脳の発達にいい影響があるなどの研究結果も! 習い事を検討中のママは、音楽をぜひチェックしてみて。

ヤマハ音楽教室 レッスン見学受付中! 子どもの新たな一面を発見!? 詳しくはこちら ※無料体験レッスン実施会場についてはお問い合わせください。
子どもの習い事どうする? ママたちに聞いてみました

習い事についてママたちのお悩みTOP3

1位お金の負担が大きい 2位子どもにどんな習い事が向いているのかわからない 3位時間がとれない ウィメンズパーク「習い事についてのアンケート」(2017年11月、回答者数203人)

「習い事を通して、子どもの可能性を広げてあげたい」という気持ちはあるけれど、気軽に始めるのは難しいのが実情。家計も気になるし、忙しいママにとっては、送迎も負担になります。きょうだいがいたり、子どもが複数の習い事をしているママからは「スケジュール管理が大変!」という声も。たくさんの習い事の中から「どれが自分の子どもに向いているのかわからない」ママも多数。それでも、「将来に本当に役に立つ習い事なら、やらせてあげたい!」というのがママたちの本音のようです。

子どもの習い事 今、音楽が注目される3つの理由

子どもが音楽の習い事をすることで得られるメリットは、楽器を弾けるようになるだけではありません。音楽に必要な力はもちろん、それ以外にも音楽を通して一生涯役に立つ、さまざまな力を伸ばすことができます。

理由1 5歳までに始めてよかった!~ママたちの証言~

勉強する中学生

「聴く」力が最も伸びる4・5歳は、音楽の基礎力(=音感)をはぐくむのに適しています。最適期に習うことによって、基礎力は自然にしっかり定着するため成長しても消えることはありません。あるいは、成長してから身につけるには難しい能力だといえます。
音楽の習い事をしている子どものママにアンケート(※1)をとったところ、「集中力がついた」「物事をあきらめず、繰り返し取り組めるようになった」「グループレッスンで協調性が身についた!」「人前で緊張しなくなった」など、音感以外にもさまざまな力が身についたことを実感しているよう!

理由2 知能を伸ばす!幼少期の音楽体験~脳科学の先生の証言~

4・5歳の子どものママ

演奏の脳神経メカニズムや身体運動技能の研究をしている、上智大学音楽医科学研究センターの古屋晋一先生によると、幼児期に最適な音楽体験を重ねることで、脳細胞が活性化するそうです。言葉をつかさどる脳の一部分(言語野)は音楽情報も処理しているので、幼児期に音楽を習っていた人は、言語習得能力や認識能力が鍛えられているといいます。「音楽と言語には、リズム、ピッチなど共通する部分があり、幼いころから音楽で耳が鍛えられている人は、会話でのコミュニケーション能力や、母国語以外の言葉のリスニング能力なども高いということがわかっています」(古屋先生)

理由3 幼児期から知性の土台づくりはできる!~幸福学研究者の調査より~

ピアノを弾く子ども

幸福学の研究者として知られる慶應義塾大学大学院教授の前野隆司先生が行った調査によると、幼児期に音楽の習い事を経験した人と、そうでない人に、中学3年時の学業成績について尋ね、回答を数値化して比較した結果、音楽の習い事を経験した人のほうが「成績が上のほうだった」という回答が多いことがわかりました。また「音楽の習い事経験者は、非経験者に比べて、他者とのつながりと感謝の心を大事にし、周囲との安定した関係性を重視する傾向が見られる」(前野先生)というように、コミュニケーション力や積極性、協調性など社会に出ても通用する力が身につくというメリットもあるようです。

※1 ウィメンズパーク「習い事についてのアンケート」(2017年11月、回答者数203人)

子どもの習い事 音楽を始めて実際どうだった?選んだママたちの体験談

65年の歴史があり、約500万人が学んだヤマハ音楽教室。子どもたちが楽しみながら総合的な能力が身につくメソッドには定評があります。実際に子どもをヤマハ音楽教室に通わせているママに、その魅力を語ってもらいました。

ママたちに聞いた、ヤマハメソッドのここが魅力

ヤマハメソッドのここが魅力♪

「忙しい毎日の中でも、レッスンを通して親子で過ごす時間が自然に増えました。グループレッスンでお友だちと一緒に、無理なく、楽しく習えていることがいちばんです」

「ピアノの基礎を学ぶだけでなく、いろいろなジャンルの曲を演奏したり、お友だちとアンサンブルをしたり、ヤマハならではのカリキュラムが充実していました。子どもが自分で作曲する楽しみを覚えることができたことが最高の財産です!」

「クラス内でのコンサートがあり、それに向けて練習することで、自分の演奏を他人に聴いてもらうという意識を持たせることができました。少しずつ舞台慣れできたこともよかったです」
※ウィメンズパーク「習い事についてのアンケート」(2017年11月、回答者数203人)より、ヤマハ音楽教室に通ってよかったこと

楽しさの秘密は「きく」「うたう」「ひく」「よむ」「つくる」

現在のヤマハメソッドの原点となっているのが、今から65年前に開発された「きく」「うたう」「ひく」「よむ」「つくる」という5つの要素を組み込んだ総合音楽教育です。まず曲を聴いて、旋律を歌詞やドレミで歌い、次に歌ったように弾き、それを楽譜で確認する(楽譜を読む)。それが、自分でアレンジや作曲をしたり、即興演奏ができるなどの力へとつながっていきます。「上手に弾けるだけではなく、音楽を自在に楽しめる人を育てよう」という考え方は、時代が変わった今も変わりません。

音楽大好き親子も体験!

齋藤莉亜ちゃん(4歳)&真美ママ

ヤマハ音楽教室の体験レッスンでは、親子で楽しめるプログラムが盛りだくさん! ママと一緒に歌を歌ったり、音に合わせて体を動かしたり、タンバリンやエレクトーンなどの楽器も演奏できます。「娘もノリノリで笑顔がたくさん見られました。内容が充実していて、私も楽しい気持ちになれました」と、ママも子どもも大満足でした♪

こちらもチェック

ワーキングママにもうれしい、土日レッスンも♪ ヤマハ音楽教室 5月開講クラス レッスン見学受付中! 子どもの新たな一面を発見!? 詳しくはこちら ※無料体験レッスン実施会場についてはお問い合わせください。