5歳までが効果大? 音楽の習い事のメリットとベストな「始めどき」

子どもに何か習い事を、と考えているママ、「音楽」を選択肢に加えてみませんか? 音楽の習い事、は単に楽器が弾けるようになるだけでなく、早くから体験することでさまざまないい影響があるのだとか。今回はそんな音楽を習うことのメリットと、気になる始めどきについてご紹介します。

ヤマハ音楽教室 レッスン見学受付中! 子どもの新たな一面を発見!? 詳しくはこちら ※無料体験レッスン実施会場についてはお問い合わせください。

子どもの習い事に何がいいのか…音楽ってどうですか?

音楽はいつから始めても楽しいけれど、実は「始めどき」があります。3歳、4~5歳それぞれの発達に応じて、音楽が子どもの力を伸ばしてくれます。

脳の働きが向上! 社会性・プレゼンテーション力も

音楽を体験することが子どもの脳にどのような影響を与えるのか、脳科学の専門家である上智大学音楽医科学研究センター准教授の古屋晋一先生に聞きました。 「1つは複雑な情報処理をすることで、脳の神経細胞(ニューロン)が増えること、もう1つは、脳の神経細胞同士が情報のやりとりをする何百万本ものケーブルを包む鞘(さや)の部分(ミエリン)が発達するといわれています」 つまり、指を動かしたり聴いたり歌ったりすることで、脳の働きが向上するというのです。 また、「音楽と言語には、リズム、ピッチ(音程)、文法など共通する部分も多いので、幼いころから音楽で耳が鍛えられていると、外国語のリスニング能力もアップします」。 外国語の習得もスムーズになるとか。 とくにグループレッスンでは、仲間を意識してアンサンブル(合奏)することから、協調性や社会性が自然に身につくほか、相手の反応を見ながらの演奏はプレゼンテーション力の向上にもつながるようです。

実際に音楽を習わせているママは…

  • 「集中して何かをやり遂げることがなかった息子が、音楽を習い始めたことをきっかけに、物事をあきらめず、繰り返し取り組めるようになった」
  • 「早い時期から始めると、リズム感や音感が身につきやすいためか、運動(ダンス)や英語も得意に!」
  • 「グループレッスンなので、幼稚園、保育園とはまた違ったお友だちができたり、コミュニケーションがとれるようになり、レッスンに通うのが楽しそう♪」

一生モノの力をはぐくむ 音楽教室を体験してみる

5歳までのスタートが効果大!?その理由は?

音楽を習うことで身についたと感じる力はなんですか?

子どもに音楽の習い事をさせているママへのアンケートからは興味深い結果も。 音楽を習うことで、子どもに音感やリズム感、表現力や集中力などさまざまな力が身についたとママたちが実感していること。そしてそれぞれの力について、子どもが5歳までに習わせ始めたママたちのほうが、6歳以降に始めたママたちよりも「力が身についた!」と感じる割合が高いこと。 つまり、音楽の習い事は5歳までに始めたほうが効果が高いとママたちは実感しているよう。 古屋先生によると、「リズム感が発達し始めるのが2~3歳、ピッチ(音程)は4~5歳からといわれています。また、7~8歳より前に音楽を習い始めると、脳の聴覚野の神経細胞がとくに多くなるとされています」。 ※『ウィメンズパーク』調べ「音楽と子どもの成長に関するアンケート」(2017年6月7日~19日、回答者数946人)

3歳ごろ 「ごっこ遊び」に夢中になったら…音楽の習い事の始めどき

では、音楽を習うならいつごろからがいいのでしょうか。3歳からという説と、4~5歳からという説がありますが、どちらにも理由があります。 3歳ごろは想像や空想が大好きで、「何かになりきったり、その気になって表現したり、自分の世界に没頭したり、その場にないものをイメージして遊ぶ」のが得意。感受性がめざましく伸びる時期なので、遊びの中で五感をフルに使って音楽に触れる体験を積みかさね、本物の音楽に触れることで、豊かな感受性がはぐくまれるといわれています。

「3歳」ごろの力の伸ばし方を見る

4~5歳ごろ 「聴く力」が最も伸びる4~5歳!音楽を習うといいことたくさん

4~5歳は「聴く」力が最も伸びる時期だといわれています。「まねをすること」が上手にできるようになるので、言葉を覚えるようにドレミを覚えていきます。音楽を聴いて、歌って、弾いて、を繰り返すことで、すべての演奏表現の土台となる「音感」が身につきます。この音感から生まれる豊かな楽器演奏力や表現力は、子どもにとって一生モノの財産になります。

「4~5歳」ごろの力の伸ばし方を見る

音楽のメリットと始めどきはわかっても、いざ習おうと思うと、どこにしよう?と悩みますよね。せっかく始めるならしっかりしたメソッドに基づくレッスンを受けられる教室を選びたいもの。

音楽を始めるなら、一生モノの力が身につくYamahaメソッド

これまで40以上の国と地域で約500万人の子どもたちが学んできた、ヤマハの音楽教室を知っていますか? 公益社団法人発明協会が定める「戦後日本のイノベーション100選」にも選ばれたヤマハの音楽教育、「豊かな人生のために、音楽を」という考え方に基づき作られたヤマハメソッドの特長がこちら。 音楽を通して子どもが「楽しみながら、将来に役立つ力を自然に身につける」ってすてきなことですよね。ヤマハ音楽教室では年齢別コースでお子さまにぴったりのレッスンを見学できるので、まずは一度レッスン見学に行ってみてはいかがでしょう。

  • 「聴きたい」「弾きたい」「表現したい」気持ちを伸ばす

    まずは基礎になる「耳」を育てることを重視。耳が育てば音感が身につき、楽譜を見て演奏することはもちろん、楽譜がなくても聴いたメロディーを演奏、アレンジできるように。「聴きたい」「弾きたい」「表現したい」気持ちが育ちます。

  • 質の高いユニークな教材

    レッスンではヤマハ独自に研究・開発された教材を使用します。芸術性の高い楽しいイラストやオリジナル曲、親子で作る手作り絵本も! 子どもたちの心を豊かにしてくれる教材です。

  • 一人一人の個性を伸ばす

    ヤマハ音楽教室ではグループレッスンが基本。グループだから際立つ、子どもそれぞれの個性があります。お友だちから刺激を受けながら、一人一人の個性が伸びていきます。

  • ~久保純子さんがナビゲート~実録!ヤマハ音楽教室

年齢別に学べるからうれしい!音楽教室のレッスンを見学・体験してみよう♪

少しでも興味があったら、一度、レッスンを見学・体験してみることをおすすめします。ヤマハ音楽教室なら全国各地に教室があり、年齢別コースで、その年齢に合った学びができるから安心。お近くの教室へ早速GO!

レッスン見学・無料体験レッスン受付中♪年齢別コースと近くの教室はこちら