トップページ > 考えよう!親とのこと (介護) > 気になるコト、専門家に聞いてみました! > 親孝行のコト > 無駄もみつかる資産状況チェック

大事なことだから、今から考えておきたい!考えよう!親とのこと

気になるコト 専門家に聞いてみました

介護 親孝行のコト

お金関連 2014.05.07

無駄もみつかる資産状況チェック

  • mixiチェック
ご夫婦の相談で多いのが、お互いの資産状況がわからないというお問い合わせです。これは親子でも言えることかもしれません。お互いの資産状況を把握しておくと、削減できる保険を見つけることができたり、予め備えていた契約を無駄なく実行できるなどの効果もあります。今回は親子で、夫婦でチェックしたい資産状況のポイントについて整理します。
プラスの財産を整理する
始めに整理したいのが現預金や有価証券などの財産や、保険やお葬式などの生前契約といった財産です。これらの財産を整理することで、財産と保険の重複している部分を発見できたり、弔い方法へのこだわりをわかり合うことなどができるという効果もあります。

確認したい財産の項目 
 □現金(○○銀行△△支店にいくらの預金・定期など)
 □有価証券(○○証券会社△△支店にどの銘柄、商品を何株保有、取得額など)
 □土地・不動産(用途の別や購入価格、評価額、固定資産税額、賃料収入など)
 □保険(○○生命保険にて、種類の別、契約概要など)
 □お葬式生前契約(取引会社、契約プラン、弔い方へのこだわりや考えなど)
マイナスの財産を整理する
プラスの財産と合わせて整理したいのが、借入・負債などの支払い義務のある事柄についてです。相続発生時などに単純にすべて相続をするのか、負債の状況に応じて相続をしないなどを判断できるようにするためです。親子に限らず、夫婦でも共有が必要な情報ですね。

確認したい財産の項目 
 □住宅ローンの残債(××銀行にいくら、死亡時残債が保険金で完済されるかなど)
 □自動車ローンの残債
 □カード、知人などへの借入れなど
 □奨学金の残債(どこにいくら借りているのか、死亡時返済免除の可否など)
関係者の連絡先なども整理する
財産についての整理だけでなく、万が一の場合の緊急連絡先なども整理しておくと安心です。特に相続については相続人全員の協議・合意がなければ手続きを進められないこともあるため、関係者と連絡が取れる状態にしておくことも大切です。被相続人がご両親の場合は自分の兄弟姉妹が法定相続人となります。兄弟姉妹で連絡が取り合える状態にしておくことも重要ですね。
財産をリストアップすることで、例えば不動産などの現金以外の財産が多い場合は、相続税対策として生命保険が必要だ、などといった対応が事前に行える場合もあります。

最近では生前に自身で墓石や葬儀を契約されるケースも増えていますが、子どもが知らなかったためにご両親の意向の葬儀ができなかったり、支払い済みの葬儀費について、子どもが別の業者で手配をして費用を支払ってしまったケースもあります。

今手元にある財産を有効に活用したり、財産の持ち主の意向を尊重するためにも、資産状況について情報共有しておくことは大切ですね。
furouchi2
風呂内 亜矢 先生
CFP®認定者、宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー
1978年生まれ。岡山出身。26歳の時にマンションを購入したことをきっかけにお金の勉強と貯蓄をスタート。現在は夫婦で4件の物件を保有。購入体験と不動産営業職の経験を元にテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、セミナーなどでお金に関する情報を発信している。
新刊「その節約はキケンです-お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか」、監修「最新版 届け出ひとつでお金がもらえる本」など多数

ご利用にあたっての注意・お願い
本コーナーに掲載する情報は、「親」とのことをテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものです。また、内容の正確性を保証するものではありません。このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な対処を行うようお願いします。本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。