腸内フローラを整えて、おなかの中から元気に!

体によいといわれるヨーグルト。毎日の食卓に取り入れているご家庭も多いのでは? でも、ヨーグルトならなんでもいいわけではないことを知っていますか? 毎日元気に過ごすためのヨーグルト選びのポイントを、腸内環境のマメ知識とともにお届けします。

ヒトの健康を左右する!?「腸内フローラ」って?


「腸内フローラ」とは、ヒトの腸にすむ数百種類、多種多様な細菌のこと。植物のように群れを成している様子を、「お花畑=フローラ」に例えてそう呼ばれています。その中には、体によい働きをする「善玉菌」や、悪い働きをする「悪玉菌」などがいて、健康のためには、善玉菌が活躍しやすいように腸内環境を整え、腸内フローラをよい状態に保つことが大切です。

腸内フローラを整えるにはバランスの良い食事が基本ですが、なかなか難しいときには直接腸内フローラを整える食品をとることもオススメです。中でも、ヨーグルトに入っている菌として有名なビフィズス菌は善玉菌の代表格だからぜひとり入れたいもの。ですが、ビフィズス菌はすべてのヨーグルトに入っているわけではないんです! さらに、ビフィズス菌は酸に弱いものも多く、体内の胃酸などで死んでしまうことも…。生きて腸まで届くものを選ぶことがポイントです。

ヨーグルトを選ぶなら、「ビフィズス菌BB536」入りがおすすめ


そこでおすすめなのが、比較的酸に強く、生きて腸まで届きやすい、「ビフィズス菌BB536」入りの「ビヒダスヨーグルト」。「ビフィズス菌BB536」は、健康な乳児から発見された、ヒトに適した特別な菌。生きて大腸まで届きやすいのが特徴で、もともと腸内にすんでいるビフィズス菌の働きをサポートしたり、ほかの腸内細菌に作用して体によい物質をつくる手助けをしてくれるから、腸内フローラの改善に期待できるんです。

腸内フローラやビフィズス菌のお得情報満載♪

ビヒダスヨーグルトはすっぱくないってホント!?


すっぱいイメージのあるプレーンヨーグルト。でもビフィズス菌BB536入りヨーグルトのビヒダスは違います! 実は、ビフィズス菌は、自分が発酵してつくる酸(すっぱさ)で弱ってしまいます。だからビヒダスヨーグルトは、元気な菌が生きて腸まで届くようヨーグルトの酸味を抑え、工場から食卓に届くまでも菌が活きいきした状態を保つように、容器や温度管理にも工夫と努力をしています。

すっぱくないからこそ、菌が活きいきできるビヒダスヨーグルト。すっぱいのが苦手なお子さんも食べやすいまろやかな味わいのビヒダスヨーグルトで、家族の健康を守りましょう!

提供:森永乳業株式会社