住まいミル

自分と近い条件の住まい体験談を見る!

住まい体験談トップへ戻る

ベネッセが運営する日本最大級女性クチコミサイト「ウィメンズパーク」の500万人の会員から寄せられたマンション・一戸建ての住宅購入、賃貸の住み替えの体験談がチェックできます。

投稿No: 1161

戸建

日々幸せをかみしめる・・

住まいのプロフィール

戸建

0000

いいね!

  • 住宅購入・住み替えを考え始めた時の家族構成:
    妻34歳、夫36歳
  • 種別:新築の建て売り一戸建て
  • 世帯年収:約550万円(税込み)
  • 住宅購入・住み替えを考え始めた時期:2011年05月頃
  • 住宅購入・住み替えを決めた時期:2016年03月頃
  • 引っ越しの時期:2016年04月頃

わが家の明細書 大公開!

戸建
土地価格 約1500万円(税込み)
土地に関わる諸費用 -
住宅本体価格 約2500万円(税込み)
オプション -
建物に関する諸費用 -
特典・サービス調整 -
その他のかかった金額 約300万円(税込み)
合計 約4300万円(税込み)

お金のプラン

  • 頭金:約1000万円(税込み)
  • 親等からの贈与額:-
  • 住宅ローン借入額:約3000万円(税込み)
  • 住宅ローン返済期間:約35年
  • 毎月返済額:約8万円(税込み)
  • ボーナス時加算額:-

住まいのBefore → After

Before

  • 所在地:神奈川県
  • 最寄り駅まで:徒歩で15分
  • 最寄りバス停まで:徒歩で5分
  • 家のタイプ:マンション(賃貸)
  • 占有面積:約52m2
  • 敷地の広さ:約0m2
  • 家の階数:2階
  • 間取り:3LDK(3DK)

After

  • 所在地:神奈川県
  • 最寄り駅まで:バス+徒歩で20分
  • 最寄りバス停まで:徒歩で8分
  • 家のタイプ:新築の建て売り一戸建て
  • 占有面積:約100m2
  • 敷地の広さ:約140m2
  • 家の階数:2階
  • 間取り:4LDK(4DK)

住まい選びの際に優先したかったポイント・諦めたポイント

優先したかったポイント

  • ・土地面積の広さ
  • ・二階建て
  • ・南向き
  • ・採光が十分にとれること
  • ・築年数
  • ・住戸その他(オープンキッチン)
  • ・環境その他(隣家との距離)

諦めたポイント

  • ・目的駅からの時間(通勤・通学先)
  • ・立地の利便性

住宅購入・住み替えをしようと思った理由

  • ・子どもや家族のために家を持ちたいと思ったから
  • ・結婚を機に家を持ちたいと思ったから
  • ・持ち家のほうが自由に使えて気兼ねがないから
  • ・持ち家のほうが住宅の質が良いから
  • ・もっと広い家に住みたかったから
  • ・老後の安心のために、住まいを持ちたいと思ったから
  • ・資産を持ちたい、資産として有利だと思ったから
  • ・その他(小さい頃から自分の家を自分で買いたいと思っていた。)

住まい探しで苦労したこと

ウマが合う不動産屋に巡りあうまでが大変(失礼・無気力・知識不足・人の話を聞かない、聞けない・あることないこと言いっぱなし・提案力が乏しい・煽りばかり入れる・言動に問題がある等々)
これは時間と労力をかけて何軒も歩いて探しました。5年かかりましたが。
良い方に巡り会ってからは本当に早かったです。

実際にその住まいに決定した決め手

一番に日当たりの良さ。
次に土地面積。
間取りや動線・収納も希望通り。
夫婦共々一目見て気に入り、詳細を知れば知るほど良い点が多々出てきた。
ネックは価格で予算の上限ギリギリ。けれど上限とは言え予算内なのだから、と購入を決定。
諦めたのは最寄り駅からの距離。とはいえこれも許容範囲として想定内だったので納得ずく。

住宅購入・住み替えしてよかったなと思ったこと、こだわって正解だったと思ったこと

希望条件に対して明確に優先順位をつけておいたこと。これがブレるとなかなか決まらないと思います。
我が家の第1条件は日当たりで、諦めた条件は最寄り駅からの距離。
けれど優先順値がはっきりしているので気持ちに折り合いがついて問題が無いです。

住宅購入・住み替えしてから失敗したなと思ったこと、もっとこうすればよかったと思ったこと

住宅購入から一年以上が過ぎましたが、今のところ失敗した点は特になし。
購入に至るまでが長かった分(購入を考えてから5年近く)その間の失敗が多かったからでしょう。

これから住宅購入・住み替えを検討する方へのアドバイス

予算は自分たちのライフプランを先の先までよく考えたうえで決めましょう。
でないと、『年収✕30パーセント✕35年=ウン千万円』という非現実的な価格の物件を紹介されてしまいます。
その上で自分たちが算出した月々の返済額から2万円差し引くことをおすすめします。
固定資産税に充てる分に加え、数年~数十年後までかかる住宅のメンテナンス料に充てましょう。
また、不動産屋もファイナンシャルプランナー等もあくまで汎用的なことしか言いませんので、鵜呑みにしすぎないようにした方が良いと思います。自分たちの個人的な生活は自分たちにしか分かりません。

戻る

ピックアップ物件