トップページ > 仕事・プチ稼ぎ(主婦のパート・仕事・お小遣い稼ぎ) > 所得税と社会保険について

いくらまでならお得?知っておきたい所得税と社会保険について

年間の収入額(※1)とワークスタイルによって、税金と社会保険料がどれだけ異なるかご存知ですか?正しい知識で、かしこく、プチ稼ぎを楽しみましょう!

いくらまでなら扶養控除内 ? お仕事パターンをチェック

あなたの年収は? 所得税上の扶養

1月~12月の期間中、「年収103万円未満」なら所得税はかからず、「配偶者控除」の対象になります。
また、「年収103万円以上~141万円未満」の場合では、「配偶者特別控除」の対象となり、 控除額は、最高38万円の控除から年収額に応じて徐々に減少します。

社会保険上の扶養

働く月から1年間の収入見込みが130万円未満の場合、 社会保険では配偶者扶養の対象となり、社会保険料を納める必要はありません。
ただし、年収見込みが130万円未満であっても、労働日数、労働時間が通常労働者の4分の3以上ある場合は、 被保険者として社会保険料を納めなければなりません。

年間収入が103万円未満 ○

「配偶者控除」の対象となり、控除額は38万円です。
所得税を納める必要はありません。

○

「配偶者扶養」の対象です。
社会保険料を納める必要はありません。(※2)

年間収入が103万円以上~130万円未満 △

「配偶者特別控除」の対象です。
控除額は最高38万円で、年収額に応じて減少します。

○

「配偶者扶養」の対象です。
社会保険料を納める必要はありません。(※2)

年間収入が103万円以上~141万円未満 △

「配偶者特別控除」の対象です。

×

扶養対象ではありません。
被保険者として社会保険料を納めなければなりません。

年間収入が141万円以上 ×

控除対象ではありません。

×

扶養対象ではありません。
被保険者として社会保険料を納めなければなりません。

※1 所得税は1月~12月の期間の給与総支給額の合計を、社会保険は働く月~1年間の収入見込みを対象とします。

※2 ただし、労働日数、労働時間が通常労働者の4分の3以上ある場合、被保険者として社会保険料を納めなければなりません。

当社は、本サイトにおいて会員に提供される情報(他の会員が提供する情報を含みます)の正確性、信頼性および有用性を保証するものではありません。情報の利用にあたっては、会員は自らの判断と責任において行ってください。