トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > Web家庭の医学「子どもの感染症」

Web家庭の医学

医療の最前線で活躍される先生方による執筆&監修。女性と子どもの病気に特化した病気情報が満載です。

子どもの感染症

  • はしかは、はしかウイルスに感染することによって起こる急性伝染病です。患者のせき、鼻水、くしゃみなどからうつります。大多数が生後6カ月から9歳までの時期にかかります。特に発病する子どものほぼ半数が2歳…
    みんなの病気・けが体験談投稿数:3
  • 風疹ウイルスが原因で起こる感染症で、患者の唾液が飛び散ってうつります。流行する時期は、春先から初夏にかけてが多いようです。かかりやすい年齢は1~9歳までの子どもですが、特に5~9歳の子どもが多く感染…
    みんなの病気・けが体験談投稿数:0
  • 突発性発疹は、生後5カ月~2歳までの乳幼児がかかる病気です。子どもの90%が1歳までにかかり、2歳までで98%がかかります。特に流行する季節はなく、一年じゅう認められます。ヒトヘルペスウイルス6というウ…
    みんなの病気・けが体験談投稿数:66
  • おたふくかぜは、流行性耳下腺炎、あるいはムンプスとも呼ばれる病気で、ムンプスウイルスによる感染症です。感染者の唾液から飛沫感染します。春先から夏にかけて多く発生し、かかりやすい年齢は1~9歳で、特に…
    みんなの病気・けが体験談投稿数:35
  • 水ぼうそうは冬から春にかけて多く発生する病気です。水痘・帯状疱疹ウイルスの感染によって、全身(頭皮、粘膜も)に水疱(水ぶくれ)が出現します。かかりやすい年齢は1~4歳で、ほとんどの子どもが9歳までに…
    みんなの病気・けが体験談投稿数:90
  • パルボウイルスB-19の感染によって起こります。両頬がリンゴのように赤くなるのでリンゴ病とも呼ばれます。冬から春にかけて多く、かかりやすい年齢は小学校の低学年ですが、時折幼稚園や中学校でも集団発生がみら…
    みんなの病気・けが体験談投稿数:12
  • 下痢や嘔吐を主症状とする感染による急性胃腸炎は、細菌性のものとウイルス性に分けられますが、乳幼児の場合は大部分がウイルス性胃腸炎です。原因となるウイルスを年齢別にみると、次のような傾向がみられます。…
    みんなの病気・けが体験談投稿数:77
  • インフルエンザウイルスの感染で起こる病気で、毎年11~2月にかけ流行します。伝染力が強く伝染する速度も速いので、幼稚園、小学校、中学校で大流行します。せきやくしゃみ、鼻水によって飛沫感染します。インフ…
    みんなの病気・けが体験談投稿数:131
  • ヘルパンギーナは、コクサッキーA群ウイルス、コクサッキーB群ウイルスおよびエコーウイルスといったウイルスが原因で起こる急な発熱をみる疾患です。潜伏期間は2~7日で、おもに飛沫感染します。7~8月を中…
    みんなの病気・けが体験談投稿数:32
  • のどの咽頭炎、目の結膜炎を起こし、発熱を伴う病気なので咽頭結膜熱と呼ばれます。この病気は、以前アデノウイルスに汚染されたプールの水から感染することが多かったので、プール熱ともいわれていますが、のどか…
    みんなの病気・けが体験談投稿数:22
  • コクサッキーウイルスA16型、エンテロウイルス71型といった、いくつかのウイルスの感染によって起こる病気です。春から初秋にかけて流行します。かかりやすい年齢は1~6歳で、特に1歳をピークとした3歳以下の乳…
    みんなの病気・けが体験談投稿数:99
  • 溶連菌感染症とは、A群溶血性連鎖球菌*(略して溶連菌)という細菌の感染によって起こる病気です。連鎖球菌は、健康な人の口の中や皮膚に常在菌として存在しますが、このうち、血球を溶かす毒素を出しA群に属す…
    みんなの病気・けが体験談投稿数:52
  • 猩紅熱は、溶連菌感染症のひとつで、発熱に伴い発疹などの症状が全身に及ぶものを呼んでいます。全身にみられる発疹は次のように経過します。発熱して半日から2日以内に、針の頭くらいの大きさの鮮紅色の発疹が出…
    みんなの病気・けが体験談投稿数:0
  • 百日咳菌によって起こる、せきをおもな症状とする病気です。伝染力が強く、初夏から秋にかけて流行します。しかし近年は、予防接種の普及できわめて少なくなりました。かかりやすい年齢は0~3歳くらいまでの乳幼…
    みんなの病気・けが体験談投稿数:4
  • ジフテリア菌の感染によって起こる病気で、以前は2~5歳の幼児がかかりましたが、DPT-IPVワクチンの普及により、成人に発病が移行してきました。1年に数人が国内で発病します。患者あるいは保菌者のせきやくしゃ…
    みんなの病気・けが体験談投稿数:0
  • 川崎病は、発熱、手足の変化、発疹、目の充血、リンパ節の腫れなど、いろいろな症状がみられる原因不明の病気です。正式には、急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群と呼ばれますが、最初の報告者が小児科医の川崎富作医…
    みんなの病気・けが体験談投稿数:19

他のカテゴリから探す

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。