トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 健康カレンダー > ちゃんと理解すれば、子どもも保護者もラクに! ADHDの子育て(1)

健康カレンダー

毎日が忙しく健康に気が回らない方に役立つ簡単な健康維持の情報や、いつも健康に気を使っている方でも知らなかった健康のコツなど、生活の中で役立つ健康情報をご紹介します!

バックナンバー一覧

ちゃんと理解すれば、子どもも保護者もラクに! ADHDの子育て(1)

監修:司馬 理英子 先生

司馬 理英子 先生

しば・りえこ 司馬クリニック院長。岡山大学医学部、同大学院卒業。1983年渡米。アメリカで4人の子どもを育てるなか、ADHDについての研鑽を深める。1997年『のび太・ジャイアン症候群』(主婦の友社)を執筆、ベストセラーとなる。同年帰国し、東京都武蔵野市に発達障害専門のクリニックである「司馬クリニック」を開業。中学生までの子どもと高校生、大人の女性の治療を行っている。『新版 ADHD のび太・ジャイアン症候群』、『よくわかる大人のADHA』、『ADHD・アスペルガー症候群 子育て実践対策集』、『ADHD 注意欠陥多動性障害の本』(以上主婦の友社)など著書多数。

何度注意をしてもなかなか行動や感情のコントロールができない“育てにくい子”に悩んでいる保護者は多いのではないでしょうか。少し落ち着きがないだけなのか、いわゆるADHDなのか。見極めるためのポイントや子どもへの接し方、そして治療方法まで。保護者とお子さんがぐんとラクになるヒントをご紹介します。
*ADHDとは、注意欠如・多動性障害をさします。

昔から、よく動き回り落ち着きのない子はいました。ADHDは病気なの?

ADHDというのはその子の個性であり、病気ではなく“発達の遅れ”

身長が高い人もいれば低い人もいるように、性格も人によってさまざまな特徴があります。ADHDもひとつの特徴(個性)であるとも言え、落ち着きがないと言われる人の片隅に存在します。
一昔前なら「性格だから仕方ない」とあきらめ、学校や社会への不適応を起こしていた「性格」「性分」が、医学的な概念としてまとめられました。医学的な見地から捉えることで治療法などが確立されていき、社会のなかでさまざまな不適応を起こしていた人が、学校や家庭での生活に適応しやすくなりました。日本でADHDがよく知られるようになったのは、15年ほど前からだとされています。
いずれにしてもADHDは病気ではなく、その子の発達の偏りです。しかしながら同じ年齢の子ができることができず、少し発達上の遅れがあるという状態を指します。

ADHDの3つの特徴について、詳しく教えて!

家でも園でも同じ行動が見られ、保護者や本人が困っているかがポイント

クラスに30人の子どもがいるとして、落ち着きのなさで3~4人の目立つ子がいるとすると、そのうち1人ないしは2人がADHDかもしれません。ADHDの特徴は、「不注意」「多動性」「衝動性」の3つとされます。しかし、これらに当てはまるからというだけではADHDとは言えず、家や学校(園)など2カ所以上の場所で、同じように落ち着きがないこと。その上で保護者や先生、そして子ども自身も、そうした特徴により困っていることがADHDの定義と言えるかもしれません。

3つの特徴について詳しくみていきます。

5歳ぐらいの女の子。大事にしていたシールやおもちゃをどこに置いたか忘れてしまい、家の中で探して回っている。

【不注意】

  • やるべきことが決まっているのに、日常のルーティン(歯磨きや手洗いなど)ができない。
  • 忘れ物が多い。
  • 何をどこに置いたかを忘れ、いつも探し回っている。
  • 宿題を後回しにしがちで、なかなか手をつけない。取り組み始めてもイヤイヤで、続けられない。
  • 明日○○があるから、この準備をしなきゃなど、先を見越しての行動ができない。
  • 計算問題などでスピードを重視すると、+と−を間違えるなどケアレスミスが多い。
  • 丁寧に字が書けない。ノートが乱雑。
  • 勉強をしていても、音に敏感ですぐに反応してしまう。

5歳ぐらいの男の子。保育園で、みんながお行儀よく座ってご飯を食べているのに、1人うろうろ落ち着きなく歩き回っている。

【多動性】

  • じっとしていられず、授業中や食事中もすぐ席を立ってうろうろしてしまう。
  • 手や足で何かをいじって遊んでいることが多い。
  • 貧乏ゆすりをする。
  • 女の子の場合、いつも髪をいじっている。
  • 外に食事に行ったりすると興奮してはしゃぐので保護者はハラハラする。
  • たんすの上から飛び降りるなど、危険な遊びをすることが多く、よくケガをする。
  • 静かに遊んだり、本を読むのが苦手。
  • よく喋る。

5歳ぐらいの男の子。他の子が滑り台ですべるのを順番に並んで待っているのに、他の子を押しのけ、横入りをして滑ろうとしている。

【衝動性】

  • 先生の質問を途中でさえぎり答えてしまったり、先生に当てられてもないのに答えを言ってしまう。
  • おもちゃや遊具の順番を待てず、横入りしてしまう。
  • 腹が立つと、すぐに殴ったりしてしまう。
  • 他の子に対して余計な干渉をしたり、邪魔をしたりする。
  • 何事にもすぐに反応してしまう。

その子によって、症状の出方は違うの?

不注意だけが目立つのは女の子に多く、多動性や衝動性は男の子によく見られる

3つの特徴は、その子によって強く現れるものと、あまり現れないものがあります。

女の子に多いのは、クラスでもあまり目立たないし、他の子のジャマもしない。でも部屋が片付かず散らかっており、宿題をし始めてもはかどらず机でボーッとしている。行動が遅い。何か問題が起こると原因を冷静に考えずすぐ人のせいにするなど、「不注意」だけが目立つパターンです。 目立った問題行動がないのでADHDだと認識されないことが多々あります。これを『のび太型』(不注意優勢型)と言います。漫画「ドラえもん」に出てくるあの“のび太”くんです。優しい気立てで、他の子の気持ちがよくわかるという特性もあります。

反対に男の子に多いのは『ジャイアン型』(多動性-衝動性優勢型)です。やたら元気で活動的。リーダーシップにあふれているので、周りの子をぐいぐい引っ張っていきます。反面、衝動的でガマンができず、思ったようにいかないと急に怒り出す。順番を守らず身勝手なので、遊びなどでは他の子を押しのけて割り込むことも。危険な遊びが大好きで、ケガはしょっちゅう。抑制が効きません。「ドラえもん」に出てくる、あの“ジャイアン”です。

※『のび太型』『ジャイアン型』は、ADHDの子の特徴を理解してもらいやすいように司馬理英子先生が名付けた、独自のニックネームです。

『ジャイアン型』 と 『のび太型』の共通点は、注意力の散漫さ

のび太とジャイアンは、まったく違う個性を持つように見えますが、「忘れ物が多い」「保護者や先生の指示に従うのが苦手」「気が散りやすい」「飽きっぽい」などの共通点があります。ADHDには、不注意が目立つ「のび太型」と、衝動性と多動性が目立つ「ジャイアン型」、その両方の特徴を併せ持つ「混合型」の3つのタイプがあると言われています。

ADHDの子に問題が起きるのは、育て方が悪いせいじゃない!

子どもに問題があると、「保護者の育て方が悪い」とか、「しつけが行き届いていない」と祖父母や先生、周囲のママから言われがちです。しかしADHDの子はもともとしつけが定着しにくく、教えたことが積み上がっていかないという特性があるのです。普通の子なら10の努力でできることを、ADHDの子には20~30の努力が必要です。ですから、保護者が自責の念にかられる必要はありません。ADHDの特徴をよく理解し、接し方や対応を変えることが大切なのです。

次のページでは、お子さんへの上手な接し方や治療方法などをご紹介します!

バックナンバー一覧

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。