トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 健康カレンダー > 子宮筋腫、どう治すか悩み中・・・。治療方法選びはここがポイント!(1)

健康カレンダー

毎日が忙しく健康に気が回らない方に役立つ簡単な健康維持の情報や、いつも健康に気を使っている方でも知らなかった健康のコツなど、生活の中で役立つ健康情報をご紹介します!

バックナンバー一覧

子宮筋腫、どう治すか悩み中・・・。
治療方法選びはここがポイント!(1)

監修:子安 保喜 先生

子安 保喜 先生

こやす・やすき 四谷メディカルキューブ・副院長、ウィメンズセンター長。兵庫医科大学卒業。宝塚市立病院産婦人科・主任医長、大阪市立大学産婦人科・非常勤講師、兵庫医科大学産婦人科・非常勤講師などを経て現職。国内では実施している医療機関がほとんどない「腹腔鏡補助下子宮筋腫核出術」も行っており、従来の腹腔鏡下手術より手術時間が短縮でき、筋腫の取り残しをできるかぎりなくす手術を行っている。

40歳以上の女性では4人に1人が子宮筋腫をもつといわれます。経血の量が多くなることで気づくことが多い病気ですが、貧血の原因を調べる際や、不妊治療の過程で筋腫の存在を知る人も大勢います。子宮筋腫とはどのような病気で、どのように治療をしたら良いのか。最新の治療方法も含め、専門の先生にお話を伺います。

子宮筋腫ってどんな原因で起こるの?

原因はまだ分かっていないが、エストロゲンが筋腫を大きくする

原因はまだよく分かっておらず、体質的なものとされています。エストロゲン(卵胞ホルモン)が作用して大きくなっていきますので、早い人だと高校生~20代前半で発生し、30~40代が発生のピークです。40代では3~4人に1人が筋腫をもっているとされ、閉経すると数年かけて次第に筋腫は小さくなっていきます。
よく「予防方法はないのですか?」と聞かれますが、残念ながらありません。出産の有無や回数と筋腫の発生状況にもあまり関係がありません。筋腫ができてしまったら、経過観察または治療するしかないのが現状です。

筋腫にはどんな種類があるの?症状は?

筋腫のできる場所(子宮の外側・筋肉の中・内側)によって、3種類に分けられる

子宮筋腫は子宮を形づくる筋肉の壁にできる“良性のコブ(腫瘍)”です。筋腫は子宮のどこに発生するかによって大まかに3種類にわけられます。

筋腫のできる場所(子宮の外側・筋肉の中・内側)によって、3種類に分けられる

※四谷メディカルキューブHPより

■子宮の外側: 漿膜(しょうまく)下筋腫

子宮の外側をおおっている「漿膜」の下にできる筋腫で、子宮筋腫のおよそ2割を占めます。自覚症状があまりないことが特徴です。

■子宮の筋肉の中: 筋層内筋腫

子宮の筋層にできる筋腫で、全体の7割を占めます。サイズは大豆から鶏卵より大きなものまでさまざまで、大きくなってくると過多月経や月経痛を引き起こします。不妊や不育につながる場合もあります。

■子宮の内側: 粘膜下筋腫

子宮の内側をおおっている内膜のすぐ下にできる筋腫で、子宮の内側に向かって発育していきます。全体の1割程度を占めます。このタイプは出血を伴いやすいため症状はもっとも重く、過多月経や月経痛、下腹部痛、腰痛といった症状が現れます。また子宮の内側(内腔)に飛び出ていくので、受精卵の着床障害を招いたり、不育症の原因になることもあります。

それぞれの筋腫の特徴を表にまとめてみます。

筋腫の種類 自覚症状 その他の特徴
漿膜下筋腫 ■自覚症状はあまりないという場合が多く、筋腫がかなり大きくなるまで気づかないことが多々。
■お腹がぼこっと出てきたり、頻尿や便秘になることも。
子宮の外側へ飛び出るようにできる有茎漿膜下筋腫の場合、筋腫が茎でつながっているので茎がねじれる(捻転)と血流が止まるので激しい傷みを伴う。
筋層内筋腫 ■筋腫が小さいうちはあまり自覚症状がないが、大きくなると過多月経や月経痛、下腹部痛、腰痛などが生じる。
■下腹部を触ると、しこりがわかる場合も。
筋腫は一個の場合や複数個できる場合がある。
粘膜下筋腫 ■この筋腫は出血しやすいため、月経がダラダラと続き、不正性器出血や過多月経、月経痛などを起こしやすい。
■症状は最も重い。
粘膜下筋腫が大きくなり、子宮の中でぶら下がるように育ったものを、有茎粘膜下筋腫という。この筋腫が子宮口から飛び出すことを「筋腫分娩」といい、重篤な合併症を引き起こすため早急な受診が必要。

どんな症状があったら、受診した方がいいの?

以前と比べて月経痛が酷くなったり、経血の量が増えてきたときは受診を

「なにかいつもと違う、違和感がある」と感じるときは要注意です。たとえば、以前より月経痛が酷くなったり、経血の量が増えたり、月経期間が長くなったりといった、月経のトラブルがあれば必ず受診をしましょう。さらには、腰痛や腹痛があったり、お腹を触るとしこりがあるような際も受診が必要です。本人の主観で“なにかおかしいな”と感じたら、早めに婦人科で相談をしてください。「絶対自分には筋腫なんかないはず」と思い込まないでください。
万が一筋腫が見つかっても、定期的に検診を受けていれば、外来でフォローしてもらえます。“筋腫があるんだ”ということを認識しておくことが何より大切です。

以前と比べて月経痛が酷くなったり、経血の量が増えてきたときは受診を

次のページでは、子宮筋腫の治療方法とその選び方、妊娠と筋腫の関係などについて詳しくご紹介します!

バックナンバー一覧

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。