トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 健康お役立ち情報 > 医療費だって節約できる(2)

健康お役立ち情報

健康お役立ち情報トップへ

医療費だって節約できる(2)

処方せんを持って薬局へ・・・
医療費は『ジェネリック』で減らせる

処方された薬でも安くできるの?

処方された薬でも安くできるの?

YES!ジェネリック医薬品を利用することで薬代を抑えることができます。

※処方を希望しても、ジェネリック医薬品への変更ができない場合や、適さない場合もあります。

ジェネリックはこんなにお得

ジェネリックって?

ジェネリック(後発)医薬品とは、新薬(先発薬)の特許が切れたあとに、同じ有効成分でつくられる薬のことです。

どうして安い?安全性は?

新薬の成分を使用するため、ジェネリック医薬品は開発費が抑えられ、低コスト・短期間でつくることができます。新薬と同じ成分のため、新薬と効き目・安全性は同等です。

メリットは?

複数の薬や慢性疾患等で長期間の服薬が必要なときこそ、ジェネリック医薬品による節約効果は大きくなります。まずは、医師・薬剤師にご相談ください。

PLUS+

処方薬に対し、薬局等で購入できる薬のことを「OTC医薬品」といいます。そのなかでも、従来は医師の処方でしか使えなかった成分を、薬局やドラッグストア向けに切り替えたものが「スイッチOTC医薬品」です。副作用を防ぐため、薬剤師への相談は必要ですが、医療機関を受診する手間がいらないといったメリットがあります。

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。