トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 健康お役立ち情報 > 子宮筋腫をなおす(3)

健康お役立ち情報

健康お役立ち情報トップへ

子宮筋腫をなおす(3)

子宮筋腫の検査と診断

何段階かの検査をへて診断が下されます。検査を受けるときは着脱しやすい服装にし、問診にはっきり答えられるように症状や最終月経などのメモを持参しましょう。

1.問診・視診・外診

問診では、月経異常・貧血・おりもの・腹部の圧迫感などを確認します。視診と外診では、下まぶたの裏・心雑音・腹部のしこり・おりものや出血のようすなどをみます。

2.内診・直腸診

2.内診・直腸診

内診は、人さし指と中指を腟に入れ、もう一方の手を腹部に置いて子宮をはさみ、子宮の異常をチェックします。直腸診は、中指を直腸に、人さし指を腟に入れ、子宮の後ろ側のようすをみます。

画像診断

超音波診断

超音波診断

超音波を発するプローブを腹部から当てる経腹超音波と、腟内に挿入する経腟超音波の2種類があります。筋腫が大きく、全体像や子宮との位置、関係をみるときは前者を、より鮮明な画像が必要な場合は後者を行います。

MRI検査

MRI検査では、強力な磁場を使って縦、横、斜めなど必要な方向からからだの断面像が得られ、筋腫の数と立体的な位置関係を確認できます。

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。