トップページ > 女性と子どもの健康コーナー ここからげんき > 健康お役立ち情報 > 子宮筋腫をなおす(4)

健康お役立ち情報

健康お役立ち情報トップへ

子宮筋腫をなおす(4)

子宮筋腫の治療

手術はどんな場合に必要か

筋腫は、それ自体が直接的な影響を与えることはありません。しかし、過多月経で貧血が起きたり、頻尿・便秘・腰痛などの圧迫症状があるときは手術を考えます。

手術が不要な人

筋腫がある程度大きくなっても症状がないか、症状があっても閉経が近い場合は手術は不要です。閉経後は、筋腫の成長に関係のある卵巣ホルモンが分泌されなくなるからです。

手術が必要な人

手術が必要な人

  • 筋腫が大きく月経時の出血量が多い
  • 月経痛などの症状がひどい
  • 貧血が重く、クスリや食事でなおらない
  • 筋腫が原因で、不妊や流産が起きている
  • 筋腫が壊死したり、ねじれてショック症状が起きたり、筋腫分娩になっている

手術以外の治療法

ホルモン剤で卵巣ホルモンの分泌を抑えてにせの閉経状態をつくり(偽閉経療法)、筋腫を小さくする方法があります。また、漢方薬で血液の循環を改善して、症状を軽くする方法もあります。最近は子宮動脈の血流を完全に止めて筋腫を小さくすることが試みられていますが、これは医師と十分相談してください。

手術には2つの種類がある

子宮全摘出術

子宮全摘出術

子宮全体を切除します。唯一の根治法で、月経過多や月経痛、貧血、頻尿、腰痛などがなくなります。

筋腫核摘出術

筋腫核摘出術

筋腫だけを切除します。再発の危険は残るので、妊娠・出産がすむまでの応急手当だといえます。

ご利用にあたっての注意・お願い

本コーナーに掲載する情報は、健康をテーマに、日々の暮らしのヒントとなる情報の提供を目的としているものであり、治療・診療行為を意図するものではありません。また、内容の正確性や、何らかの医療効果が得られることを保証するものではありません。
このことを充分ご認識の上、あくまで参考情報として本コーナーをご利用いただき、必要に応じ適切な医療機関の診察を受けるようお願いします。
本コーナーに掲載された情報、それに基づく行為により、何らかの不都合、不利益が発生し、また、損害を被った場合でも株式会社ベネッセコーポレーションは責任を負いかねますので予めご了承ください。