第1回 栄養たっぷり! 1才からのキウイデビュー!! - 家族みんなにうれしいキウイ生活

子どもの成長に必要な栄養素がギッシリ含まれているキウイ。1才ごろから、上手に食生活に取り入れて、健康な毎日を過ごしましょう!

子どもにとって、必要な栄養素がギッシリ!!

ビタミンCをはじめ、ビタミンE、食物繊維、アクチニジン、カリウム、ポリフェノール、葉酸、有機酸など栄養たっぷりのキウイ。子どもの食事の悩みも解決できちゃいます。

キウイなら、野菜嫌いな子のビタミン不足も補える

1~2才ごろは、野菜の味や香り、食感が苦手な子もいます。野菜嫌いによるビタミン不足が心配なら、ビタミンCとビタミンEを豊富に含むキウイを食べましょう。とくにゼスプリ・サンゴールドキウイには、ビタミンCがレモン8個分以上(果汁換算)も含まれていて、1個で成人の1日のビタミンCの必要量が補えます。また、さわやかな酸味と甘さで、食欲のないときでも食べやすいのも魅力です。

ビタミン以外にも、食物繊維、カリウムなどがとれる

子どもが便秘がちで悩んでいませんか。排便のサポートには、食物繊維をとることが大切です。キウイには、スッキリに役立つ水溶性食物繊維と、便のかさを増やすフォローをする不溶性食物繊維がバランスよく含まれています。また、子どもは生野菜よりも温野菜のほうが食べやすいという理由や、衛生上の理由で加熱野菜中心になることが多いかもしれませんが、ゆで加熱することで栄養素が溶け出してしまうこともあるので、温野菜中心の子どもの食事の中に、生でおいしいキウイをプラスするとさらに栄養が補足されます。

子どもに初めてキウイを与えるときは・・・?

甘酸っぱくてやわらかく、水分たっぷりなので、ほかの食品よりも早く生で食べることができるキウイ。初めて食べるときは少量から始めましょう。

少しずつ、様子を見ながら、生デビュー!

少量でも栄養がとれるキウイは、ぜひ子どもの食生活に取り入れたいもの。小さい子どもだったら、7、8カ月ごろから始められます。胃腸への負担や食物アレルギーの心配などもあるため、初めて食べるときは、少しだけにして様子を見ましょう。問題なければ、少しずつ量を増やしていきましょう。また、キウイでいちばん簡単な食べ方はハーフカット。皮をむかずに半分に切ったキウイをスプーンですくって食べます。3才ごろからはママたちの手間もなく、1人ですくって食べることもでき、指先のトレーニングにもなります。

キウイの栄養をもっと知りたい!

酸っぱくない!キウイをおいしく食べるコツ!

子どもはもちろん、大人でも酸っぱいキウイは食べづらいもの。おいしい食べごろや、かたい場合の対処法などを知っておくと便利です。

完熟したグリーンキウイやジューシーで甘いサンゴールドキウイがおすすめ

子どもは酸っぱいキウイよりも、ジューシーで甘みがあるほうが好き。とくにジューシーで甘みがあるゼスプリ・サンゴールドキウイのほうが、食べやすいかもしれません。食べごろは、手のひらで包むようにやさしく持ち、少しやわらかいと感じるくらいのころ。かたいときは、りんごやバナナなど、エチレンを出す果実と一緒にビニール袋に入れて、室温で2~3日置くと熟してやわらかくなります。熟してきたら、冷蔵庫で保管しましょう。

あなたはグリーン派?サンゴールド派?選べるゼスプリ キウイ

子どもが笑顔になるおすすめレシピ♪

ジューシーな甘酸っぱさは、子どもも大好き。刻むなどして食べやすくしたり、見た目も楽しめるアレンジをしてあげたりしましょう。

1、2才はキウイを型抜きして、目で楽しませるのも手

クッキーや野菜用の型抜きで、キウイを型抜きしてあげましょう。目でも楽しめるし、子どもが手づかみしながら食べられます。甘さを控えた、小さく切った牛乳寒などと合わせたり、肉をやわらかくする効果を利用して、すりおろしたキウイに肉類を漬け込むと、パサつきやすい肉料理がしっとりやわらかくなります。

おすすめレシピ1

くるっとかわいく、ソフトな食感が◎

キウイロールサンド

  • 材料(子ども1食分)
    • キウイ・・・5㎜厚さの輪切り2枚
    • 食パン(サンドイッチ用)・・・2枚
    • プレーンヨーグルト(水きりしたもの)・・・大さじ1と1/2
  • 作り方
    1. 1. キウイは皮をむき、中央を好みの型で抜き、残りはこまかく刻む。
    2. 2. 食パンにプレーンヨーグルトを塗り、1の刻んだキウイをのせて巻く。
    3. 3. 2をラップでしっかり包み、両サイドをきつくねじり、食べやすい大きさに切る。
    4. 4. 器に3と1の型抜きをしたキウイを盛りつける。

おすすめレシピ2

かぼちゃの甘さとキウイの甘酸っぱさがマッチ

かぼちゃサラダ

  • 材料(子ども1食分)
    • キウイ・・・2㎝厚さの輪切り2枚
    • かぼちゃ・・・40g(皮つきで50g)
    • マヨネーズ・・・小さじ1と1/5
  • 作り方
    • 1. キウイは皮をむき、こまかく刻む。
    • 2. かぼちゃは2㎝角に切り、軽く水にくぐらせる。
    • 3. 耐熱容器に2をのせ、軽く水をふり、ふんわりとラップをかけて600Wの電子レンジで約1分加熱する。
    • 4. 3のかぼちゃの皮を取り除き、フォークでつぶす。
    • 5. 4に1を入れ、マヨネーズを加えてあえる。

*電子レンジは600Wが基準です。電子レンジが600W以外のワット数の場合、加熱時間はメーカーにお問い合わせください。電子レンジは機種により加熱時間が違います。初めはレシピより短い時間で加熱し、様子を見ながら加熱時間を調節しましょう。

お子さんが笑顔になるキウイレシピ、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

監修:中津川かおり先生

管理栄養士・料理家。「家族の健康は家庭の食事から」をモットーに、身近な食材で作りやすいレシピ提案を心がけている。メディア出演、著書も多数。http://www.fs-mamma.com/

ゼスプリキウイをもっと知りたい!